ダイエット中の女性必見!飲んでも太りにくいお酒とは

 


ダイエット中だから出来ればお酒は控えたい。でも、年末年始のこのシーズン、つきあいなどで、お酒を飲む機会も多く、その都度お酒を断るのも逆にストレスが溜まってしまいますよね。お酒を控えるとその分、食べものに意識が集中してしまい、自分だけ“ドカ食い”なんてことにもなりかねません。

ダイエット中でも、周りのみんなと一緒に楽しくお酒を飲んで、ストレス発散したいですよね! そこで今回は、美容料理家でもある筆者がおすすめする、“ダイエット中でもOKな太りにくいお酒”をまとめてみました。ぜひ年末年始のこのシーズン、参考にしてみてくださいね。

 

■お酒はどうして太りやすい?

そもそも、お酒はどうして太りやすいのでしょうか。それは、アルコールを摂取すると、肝臓ではアルコールを分解するために活発にその処理が行われます。その分、脂肪の分解が後回しになってしまうため、脂肪が体に蓄積されやすくなってしまうと言われています。

また、お酒と一緒に食べるおつまみも太る原因のひとつ。アルコール分解には炭水化物(糖質)が必要ですが、これらが分解されると、消費されなかった残りのカロリーは体脂肪となり、体に蓄積されてしまうのです。

ですので、お酒の席ではなるべく、脂質の多い揚げものや、動物性のものではなく、野菜サラダや、アルコールを分解しやすい枝豆、豆腐などを選んで食べるのも大切なポイント。

 

■ダイエット中に飲むなら蒸留酒

ビールや日本酒、ワインなどの、醸造酒やカクテル、梅酒などは糖質を含むため太りやすく、内蔵脂肪を増やす原因となります。いわゆるビール腹を作る元。特に糖分が豊富なカクテルや梅酒などは、甘いので、ついつい飲み過ぎてしまいがちです。

一方、焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒は、アルコール以外のカロリーが含まれないので、蒸留酒だけを飲む分にはカロリーゼロ。これだけを飲んでいて太ることはありませんし、蒸留酒の場合、お水で割って飲むと、アルコール度数も抑えられるという利点もあります。

 

■ダイエット中のお酒の飲み方まとめ

というワケで、ダイエット中に飲むなら、ビールはグラス1杯くらいにし、後は、焼酎の水割りや、ウイスキーの水割り、それに、冷や奴や枝豆、野菜サラダなどのおつまみをメインに食べるのがおすすめです。

またお酒は、空腹時にいきなり飲まず、軽く食事をしてから飲むようにしましょう。またアルコールには利尿作用があるため、水分不足になり、むくみの原因となるので、お酒を飲んだ分、水分を補給することも忘れずに。

 

それでも、ついついはめをはずして飲み過ぎてしまった! そんな時には、「暴食の翌日に!女性の味方“脂肪燃焼”ジュース」レシピも参考にしてみてくださいね!

 

【飲み会続きのときにオススメ】

暴食の翌日に!女性の味方「脂肪燃焼」ジュース

職場のしつこい飲み会を華麗に断る便利フレーズ6個

女の先輩から嫌われちゃう!「会社宴席」でのNGマナー

酒場詩人・吉田類さんに聞いた!女性の「酒場3大リスク」回避法

油断して太ってしまったあなたを助ける魔法の食べ物4つ

あわせて読みたい

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

「この会社で勉強したい」はOK? NG?
「この会社で勉強したい」はOK? NG?

採用担当者が明かす! 面接でNGな志望理由

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ネットバンキングを利用している理由1位は?
[13:05 7/29] マネー
2016年上半期書籍売上・出版社ランキング、1位は?
[13:03 7/29] マネー
MRJの7月進捗--最大20で基本合意、50回以上の飛行試験で3・4号機は今夏空へ
[13:02 7/29] 趣味
被買収企業の正社員42%が転職を検討 - 何が不安?
[13:01 7/29] キャリア
【特別企画】海外志向や起業意欲の強い方必見!上場企業の役員クラスとの人脈作りができてグローバルに活躍できる企業があるらしい……
[13:00 7/29] キャリア

求人情報