実写版『イチゴの日』なのか!?ゴリ押し・剛力彩芽

 


筒井康隆の短編小説『イチゴの日』をご存知だろうか。

どうしようもなく醜い女の子を、マスコミの力で世紀の美女に仕立て上げ、本人にもそう思い込ませ、18歳の誕生日に壮大にネタばらしをするというストーリー。

コンサート会場で、観客がブスと大合唱
大変、胸糞が悪い。

この物語を思い出したのは、テレビなどで剛力彩芽をよく目にいするようになったからだ。

彼女も『イチゴの日』同様、マスコミの力でトップアイドル女優になった。
一般的美人でないにも関わらず。

最初に私が、彼女を意識したのが、auのCM。
アニメ『巨人の星』のキャラクターと共演しているやつね。

サザエさんでいう「花沢さん」ポジションだと思っていたら、まさかの「カオリちゃん」な美人設定。

CMはいくつかバージョンがあったが、全てが美人設定。
他のCMも、美人設定。

テレビに出ている「美人設定」の女優やタレントは、多少の好みはあれども、綺麗な人ばかりだ。

なのに、私は剛力彩芽が綺麗だと思えない

そこで、同志を求め、ネットの海に乗り出した。

安心した。

検索予測の時点で、私と同じ気持ちの人が多くいると判った。

・剛力彩芽 かわいくない
・剛力彩芽 ぶさいく
・剛力彩芽 ゴリ押し
etc…

思っていた以上に、好かれていない。

その最大の原因は、ゴリ押し。

ゴリ押し≒押し付けであり、自由選択を制限するもの
自由を阻むものに対し抗いたくなるのは、人の常。

なので、マスコミが「可愛い!」「美人!」と持て囃せば持て囃す程、反発を招く。

更に、剛力彩芽は本当に微妙フェイスなので、ますます反感を抱かれるようになる。

ただ、これは巧妙な炎上マーケティングの可能性が。


わざと万人受けしない女優を明白なゴリ押しで露出させ、反感を買うことにより知名度を上げる。
インターネットが発達した現代だからこそ成しうる方法だ。

2ちゃんねるなどで『剛力彩芽って、実はブサイクじゃねwww』とスレッドを立てて煽っているのは、事務所の関係者のような気がする。

その証拠に、昨年12月31日まで乱立していた剛力彩芽スレッドが、年明けからパッタリと見なくなった。

どうやら、年末までの契約だったらしい。
ご苦労さまでした。

判らないのは、何故、彼女をそこまでゴリ押しするのか。

『イチゴの日』では、醜女を嘲笑う為だった。

しかし、剛力彩芽はブスでない。
美人でないだけ。

新しい美的感覚を一般に広めようとしているのであれば、ゴリ押しをすべきでなかった。

着実に演技力を付け、演技で美人に見せられるよう、事務所は指導すべきだった。
立ち振る舞いや発声法で、雰囲気美人にいくらでもなれるのに。

演技力がないまま、美人の役をさせても、笑い者にしかならない

彼女主演のフジ月9ドラマ『ビブリア古書店の事件手帖』も、美人の役。
ヒロインの篠川栞子は、現在、事務所が設定している彼女のイメージと真逆の役柄。

コケる未来しか見えない。

このドラマがコケたら、手のひらを返す連中が徐々に増えていくだろう。

やっていることは、『イチゴの日』と同じだ

小説なら、「うわー、エグいなぁ」で済む。

でも、彼女は現実世界の住人。
非難も耳に届く。

可哀想になる。

彼女は新成人。
やっと、オトナの仲間入りをしたところ。

そんな世間知らずの女の子の人生を弄ぶ輩は、タンスの角に足の小指をぶつけてしまうがいい

剛力彩芽自身は、これから本格的に社会人として活動をするのであるから、周囲に振り回されるだけでなく、セルフプロデュースも出来るようになってもらいたい。

自分の強みを見つけ出し、同時に、欠点を補えるようレッスンを積み、素敵な女優になって欲しい。

リアルな『イチゴの日』は見たくないんだ。
頑張れ。

【関連記事】
  1. 【毒舌独女】結婚したけりゃ独女とつるむな
  2. 【毒舌独女】浮気男はリスと同じ
  3. 【毒舌独女】伝説のロックスター、押尾学
  4. 【毒舌独女】おかえりなさいませ、エリカ様
  5. 鼓童ワン・アース・ツアー2011 ~結成30周年スペシャル~

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事