【テック磨けよ乙女!】老け顔、疲れ顔。見た目年齢を自分で作る。加齢によるお肌の悩みに筋肉からアプローチ。「リバースクリーム」

 


加齢によるお肌の悩みに筋肉からアプローチ。「リバースクリーム」を試してみた。
加齢とともに我々を悩ますフェイスラインの「たるみ」。首やあごのラインがシャープか“そうでない”か、それだけで見た目年齢は大きく変わってくる。鏡を見て、手のひらでたるんだ部分を引っ張ってみる。10年前と比較すると明らかに角度が緩くなっている。個人的にいよいよアラフォーに突入する2013年。20代のころのようなシャープなフェイスラインを取り戻せるか。さっそくいま話題のエイジングクリームを試してみることにした。商品コンセプトは「一日、歳をとった分、毎日リセット」。さて、記者の一日分の加齢もリセットすることができるだろうか。
今回トライしてみたのは、「リバースクリーム」。トルマリンとゲルマニウム配合のエイジングクリームだ。特徴的なのは、「筋肉をリラックスさせる」を強調していること。肩や腰が凝るというのはよく聞くが、顔にも「凝り」はある。顔の凝りは身体のそれと比較して実感しにくいと言われている。放置しておくとたるみ、むくみ、くすみの原因となる。肌荒れ解決へのアプローチは様々あるが、「筋肉」に着目したのは興味深い。それだけ深層、つまり根本から美肌を目指すということか。
加齢によるお肌の悩みに筋肉からアプローチ。「リバースクリーム」を試してみた。
届いた商品を試してみた。クリームというと、もったりした感触をイメージするが「リバースクリーム」のテクスチャーは軽くてとても伸びがいい。お風呂上がり、洗顔後にデコルテ、首、顎のラインに沿ってすーっと伸ばしていく。続いて頬、額。いずれも下から上にリンパの流れを意識して塗っていく。効果を比較するために顔には右半分のみ塗布してみた。最初に感じるのは清涼感。その後、塗布した箇所が温かく、柔らかくなり、特にデコルテと肩の筋肉がリラックスするのを感じた。頬の「流れ毛穴」も右側だけ心なしか目立たなくなっているようだ。使用して現在5日目。加齢のサインである「流れ毛穴」の改善を改めて実感。これはまさにリフトアップの証。個人的にうれしい発見であった。引き続きの使用にあたって、期待が持てる。
主に30代以上の女性をターゲットとして開発された「リバースクリーム」。トルマリン、ゲルマニウムの他にカルニチンも配合されており、スリミング効果も期待できるという。話題のEGFも配合されているので美肌効果も期待できるこのクリーム。内容量は100グラム、携帯用5グラム付きで価格は12,800円。現在キャンペーン価格として9,800円で購入できる。今だけ天然石のローズクウォーツの「カッサプレート」が付いてくる。
■リバースクリーム http://rebirthbb.zerostore.jp/products/detail.php?product_id=44
(TechinsightJapan編集部 村上あい)
【関連記事】
日焼けしてしまってもまだ遅くない! 美白美容液『ブリリアントエッセンス』
辛くないダイエットを発見。「ダイエットプーアール茶」でスリムボディを。
「美味しさ」で勝負。お嬢様酵素で身体の内側からキレイを目指す。
今話題のMMUで肌もよろこぶナチュラルメイク美人になれるかも!?
女性に嬉しい栄養がギッシリ。コラーゲン配合の『しみ込む豆乳飲料』。
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事