スイカで紫外線対策!?皮まで美味しく食べるレシピ3つ

 


気持ちの良いお天気の続く初夏。昼間は汗ばむ陽気になってきました。そろそろスイカが恋しくなる季節ですね!夏と言えばスイカ、と言えるほど、日本人になじみの深いスイカ。夏の疲れに良いのはもちろん、美肌づくりにも効果的ってご存知でしたか?今日は、スイカについてお話したいと思います。

 

20130509iwata71

 

■スイカで紫外線対策

アーリーアンチエイジングに効果的なリコピンがトマトの1.5倍、ビタミンCが壊れるのを防ぎ、シミ・ソバカスの効果のあるシスペイン、そして、注目のシトルリンが含まれています。

冬も大切!今から見直したい紫外線に強い肌作り」でも触れましたように、リコピンやビタミンCは、紫外線を浴びる前に食べると効果的でしたね。紫外線が強いこの季節、朝スイカを食べれば、紫外線対策はバッチリですね!

 

■シトルリンって何?

シトルリンは、アミノ酸の一種です。シトルリンは体内でNO(一酸化窒素)を生み出します。NOには、血管を拡張し、血流を促進させる効果があります。血流が良くなると、冷えの予防、むくみの改善、お肌のすみずみまで栄養がいきわたり美肌作りにつながります。それだけでなく、お肌にダメージを与える活性酸素を分解する力にも優れています。このシトルリン、果肉部分より果皮部分に多く含まれています。

 

■スイカで疲労回復

スイカには、ビタミンA、ビタミンB1・B2、ビタミンCなどのビタミン類、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどのミネラル類だけでなく、グルタミン酸やアルギニンなどのアミノ酸も含まれています。水っぽくてあまり栄養価のなさそうなスイカですが、実は、沢山の栄養素をバランス良く含んだ果物なのです。夏バテに良いと言われるのも納得ですね!

 

■スイカの皮のレシピ3つ

スイカの皮、捨てていませんか?だとしたら、とても貴重な美肌成分を捨てているのと同じ!そこで、スイカの皮を美味しく食べるレシピを3つご紹介します。

(1)スイカの皮のサラダ

薄くスライスしたスイカの皮をお好みのドレッシングで合えるだけ。しゃきしゃきとした食感が美味しいですよ。

(2)スイカの皮の漬物

糠漬け、塩麹漬け、味噌漬け、塩ヨーグルト漬け、どんな漬物にも良くあいます。

(3)スイカの皮のシロップ漬け

酵素ジュースに2-3日つけておくと、とても美味しくなります。甘麹に漬けても美味しいです。

 

美肌成分はもちろん、栄養バランスの良いスイカ。忙しい朝にもピッタリですね。この夏は、スイカで美肌作りをしてみませんか?

【参考】
朝スイカで夏美人になろう!Vol.1 – 朝時間.jp

 

関連記事

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事