喫煙女性の子宮がん確率が2倍に!成功者が教える失敗しない禁煙方法

 


最近では、男性同様に仕事をこなす女性も増えてきています。生活環境も男性と変化がなくなり、そのせいなのかタバコを吸っている女性を良く見かけるようになっています。タバコは体に良くないと分かっていても、なかなか止められないものです。

ただ習慣的に吸っしまっている方やニコチン依存で吸っている方など、タバコを吸っている方でもさまざまです。

しかし女性の喫煙は、体に悪影響を及ぼすだけでなく、美容にも悪影響が出てくる事をご存知でしょうか。

そこで女性の喫煙が及ぼす体に対する悪影響と、禁煙成功者から学ぶ禁煙方法などを紹介していきましょう。

喫煙による女性へのリスク

近年、禁煙の風潮が広がってきています。厚生労働省国民健康栄養調査の調べによると、成人喫煙率は、国民全体で21,7%となっており、年々減少傾向になっているそうです。

その中で、成人女性の喫煙率は、8,4%となっており、中でも30代が14,2%ともっとも高い喫煙率になっています。

その他の年代別喫煙率では20代が12,8%、40代が13,6%となり、女性の場合は、若い世代に喫煙の傾向が見られます。

では、喫煙による女性の体へのリスクとはどんな事があるのでしょうか。喫煙によるリスクは、男性に比べ女性の方が高くなるといわれています。健康へのリスクとしては、骨粗鬆症の発症の可能性が高まります。

又肺癌を発症するリスクが、男性と比較し高い傾向にあるといわれています。そして女性として気になるのは、女性機能に関するリスクでしょう。

喫煙女性は、子宮癌を発症する確率が、タバコを吸わない女性と比較し約2倍になり、更に不妊症を発症する危険性まであるというのが現状なのです。

では、美容へのリスクはどうなのでしょうか。タバコを吸う事で、ニコチンや一酸化炭素の影響を受け、血液に栄養が行き届かなくなり、その結果シミやソバカスができる原因にもなります。肌の荒れも酷くなり、化粧のノリまで悪くなってくるのです。

このように女性の喫煙は、男性に比べてリスクが大きくなる傾向にあります。タバコが体に悪影響を及ぼす怖い物だという事がお分かり頂けたのではないでしょうか。

肺がんのリスク

日本では、肺癌での死亡率が、癌の中でも一番多いといわれています。肺癌の死亡率は、タバコを吸われない方と比較し、1日10本タバコを吸う方で約2倍、1日50本吸う方は、約15倍にもなります。

それだけ、タバコは肺癌を発症する危険性が高まるという事です。喫煙されている方は、タバコによるリスクの怖さを感じたのではないでしょうか。

しかし、まだ間に合います。禁煙で、肺癌の発症率が低くなるからです。禁煙から約5年~10年で、タバコを吸わない方と同じくらいにまで、肺癌の発症リスクは下がるとされています。

又子宮癌や不妊症といった女性特有の病気の発症確率や、美容への影響も同時に低くなるのです。今タバコを吸っている喫煙女性の皆さん、自分の体を大切にする為にも禁煙にチャレンジしてみませんか?

成功者から学ぶ禁煙方法

タバコは、体にリスクがあると分かっていながら、ついつい吸ってしまうものです。特にニコチン依存になってしまっている方は、なかなか止められないでしょう。しかしヘビースモーカーからでも、禁煙に成功している方は沢山います。

そこで、禁煙成功者から学ぶ禁煙方法や心構えなどをご紹介していきましょう。

禁煙をするには、まず心構えが一番大切だと成功者はいいます。絶対止めるぞ!という強い意志がなければ、挫折するのは目に見えています。何故なら、必ず吸いたくなってしまう瞬間があるからです。

そこをどう乗り切るかは、すべてあなたの心構え次第だという事を覚えておきましょう。

では、成功者はどのように吸いたい気持ちを我慢していたのでしょうか。一番多かったのは、ガムを噛むという意見です。

依存傾向が弱い方は、何かを口に入れて我慢したという意見が多くありました。タバコを吸う習慣があるので、その習慣のタイミングで、ガムや飴などを口にする事で気を紛れ、だんだんとタバコの事を考えなくなったという意見がありました。

タバコの変わりに、禁煙パイポを初めの1カ月だけ使ったという意見もあります。何故かといえば、初めの1カ月が、一番辛いのだそうです。この方法は、初めの1カ月をどう乗り切れるかで、成功率が変わってくるようです。

次に、ニコチンパッチと二コレットガムを使うという方法です。依存傾向が強い方向けの方法になります。最近では、禁煙ブームも手伝って薬局などでも、禁煙グッズを良く見かけるようになりました。

価格は、ニコチンパッチが3千円位、二コレットガムが入り数により千円~7千円になります。大きさも3種類あり、効果は1枚で、大が4週間、中が2週間、小が1日という具合になります。1日平均10本以下の喫煙の方は、中又は小がオススメだそうです。

タバコを吸わなくてもニコチンは、体に吸収されているので、初めはタバコを吸うという習慣を無くす事が目的になります。

習慣が無くなってきたら、ニコチンパッチを貼る回数を減らして、二コレットガムに切り替え禁煙に成功出来たといいます。禁煙までの期間は、ニコチンパッチが約2ヶ月半、二コレットガムが約3ヶ月の合計5ヶ月だったそうです。

タバコは体や美容にリスクが大きく、危険なものです。初めは辛いかもしれませんが、禁煙に成功している方もいます。自分や周りの人の為にも、頑張って禁煙してみましょう。

関連記事:

  1. 健康に気を使っているなら知っておきたい、体に「よい食べ物」と「わるい食べ物」
  2. ここまで違う!心理学でみる男女の恋愛に対する優先順位
  3. あなたの自分勝手なヒステリー、もしかして「非定型うつ病」が原因かも!?
  4. 「植物性脂肪なら大丈夫」は大きな間違い!サビない身体には動物性も必要
  5. 「オレオレ系」の男性付き合う前に知っておきべき大切な3つの事

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事