カラーコンタクトレンズのトラブル急増中!厚労省が注意を呼びかけ

 


カラコンによる目のトラブル急増中!女の子に大人気のおしゃれ用カラーコンタクトレンズで、目の炎症などのトラブルが急増しているため、厚生労働省が注意を呼びかけている。

コンタクトレンズの使用で発症した眼の疾患の半数近くが、度の入っていないカラーコンタクトレンズの使用によるものであることが、9月26日に発表された厚生労働省のまとめでわかった。

カラーコンタクトレンズ   (photo credit: ZY-CO via photopincc

目に直接触れるものだから、正しい装着が必要トラブルの原因の大半は、装着後の洗浄がしっかり行われていないといった手入れ不足や、長時間装用などの不適切な使用によるものだった。

カラーコンタクトレンズによる目のトラブルは以前から問題になっており、厚労省では2009年にカラコンを薬事法の「高度管理医療機器」に指定し、販売を許可制にするなどの規制を行っている。

カラーコンタクトレンズを装着すると黒目が大きく見える効果があるため、若い女性を中心に利用者が増えているが、あくまでもメイクの延長線上としてとらえている人が多いため、正しい装着が行われず、トラブルが多発していると見られる。

カラーコンタクトレンズ   (photo credit: by Janine via photopincc

カラコン装着で気をつけること「3つ」カラーコンタクトによるトラブルを防ぐためには、主に3つのケアを実行してほしいと厚労省はアナウンスしている。第1は、衛生面に充分に注意すること。カラーコンタクトを外した後は、専用の洗浄剤で汚れを落とし、雑菌の繁殖を防いでほしい。

第2は、装着時間を守ること。長時間装着すればするるほど、目に負担がかかる。

カラーコンタクトレンズカラーコンタクトレンズによる目のトラブルには「角膜浸潤」、「角膜びらん」、「角膜炎」、「結膜炎」などが報告されているが、知らずに放置していると、深刻な症状に進むこともある。

このため第3のケアとして、定期的に医療機関で診断を受けることをおすすめする。自己判断ではわからない炎症が起きている可能性もあるため、定期的な診断を受けることが大切だ。

外部リンク

コンタクトレンズについて/厚生労働省
http://www1.mhlw.go.jp/kinkyu/iyaku_j/

Amazon.co.jp : カラーコンタクトレンズ に関連する商品「金鳳堂」アンテナショップが立ち並ぶ南青山に新店舗オープン(10月2日)白木屋、魚民、笑笑へ来店せよ!「ヱヴァンゲリヲン」キャンペーン(10月2日)防衛省「サイバー空間防衛隊」にハッカーを採用【鵜の目鷹の目】(10月1日)村上春樹氏が語る「領土問題」【目からウロコ】(9月30日)タカ派2トップ体制の自民支持率37%/日経世論調査【鵜の目鷹の目】(9月29日)

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事