世界を誇るギタリストChar がCHABO×民生×斉藤×山崎×よっちゃんと番組収録公開ライブで夢のセッション!

 



 日本が世界を誇るギタリストCharがホストを務める『Char meets???? ~TALKING GUITARS~』(フジテレビNEXT ライブ・プレミアム)が記念すべき30回目を迎えるにあたり、10月25日、新宿・東京グローブ座にて番組収録を兼ねた、スペシャル公開ライブが行われ、Charを中心に、仲井戸”CHABO”麗市、奥田民生、斉藤和義、山崎まさよし、野村義男といった超豪華メンバーが集結。めったに見ることが出来ない、夢のコラボライブが実現した。
 同ライブに招待されたのは、20,000人を越える応募者の中から幸運にも当選した500人のみ。この6人が奏でるスペシャルセッションに酔いしれた。

 Charを筆頭に、CHABO、奥田、斉藤、山崎、野村らが登場すると、会場は一気にヒートアップ、Charが「みなさん、ようこそ!1人でもうるさいギターリストが、今夜、6人も集まります。どうぞ最後まで楽しんでください!」とクールに挨拶すると、夢のライブがスタートした。1曲目に、今回唯一みんなで打ち合わせをしたという曲「twist and shout」が披露されると、このセッションに会場は圧倒。続けて、Charが6人に「何でもいいよ、好きなのやろうぜ!」と語り、「じゃ、山崎!ジャンルはブギーっぽいので、コードは”G”で行こう!」とふり、山崎から即興で演奏がスタート、その演奏に合わせて、それぞれがセッションを開始。打ち合わせをしていないとは思えないほどの完成度で、プロ中のプロの技を見せつけ、会場を魅了した。Charは、その後も「斉藤君!何かやりたまえ…」、「じゃ、CHABO行ってみよう」とリードが変わりながらも熱いセッションは続いた。
 後半では、Charが会場のお客さんの中から、「誰か、舞台に上がって弾ける人いない?」と呼びかけると、我こそはと手を上げた人の中から、練馬区出身の男性が選ばれ舞台へ。中学生ごろにギターをはじめたという男性が、リードをとって、6人とセッションを行うと、プロ並みの演奏を披露…。その腕前で会場を驚かせた。そして、Charから「女性のギタリストいないかな?」と再び声を掛け、選ばれたのは、山崎ファンという相模原出身の女性。なんと、その女性は本人(山崎)のギターを借りて、本人(山崎)の曲「お家へ帰ろう」を演奏し、本人(山崎)がその演奏に合わせて歌うという、夢のコラボが実現。まさかの展開にその女性も緊張しながらも、憧れの山崎との夢のセッションに感激の様子だった。
 このライブは、決め事がなく、ガチのリアルセッションが見どころだが、トークにも注目で、奥田は「青春時代に“ライトハンド(ギターの演奏テクニック)”が出来ないとモテなかったので練習した」という話から、その場で、奥田のレアな生“ライトハンド”の演奏が披露されたり、それぞれがギターをはじめたキッカケについて語ったりしていた。演奏あり、トークありのこのライブの模様は、12月9日(日)19時からフジテレビNEXT ライブ・プレミアムにて放送が予定されている。ぜひ、この奇跡のセッションをお見逃しなく!

【出演】
ホスト:Char
ゲスト:仲井戸”CHABO”麗市
    奥田民生
    斉藤和義
    山崎まさよし
    野村義男

■『Char meets???? ~TALKING GUITARS~』
「Char meets SPECIAL LIVE ~Char meets 仲井戸”CHABO”麗市、奥田民生、斉藤和義、山崎まさよし、野村義男 at 東京グローブ座~」
フジテレビNEXT ライブ・プレミアムにて放送!


転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事