スーパーGT初音ミクBMW、まさかの第1戦岡山優勝宣言!グッドスマイルレーシング参戦発表会

 


2月10日、幕張メッセで開催されたフィギュアの祭典ワンダーフェスティバルの中で行われたグッドスマイルレーシング参戦発表会。

昨年はスーパーGT300クラス4位とまずまずの成績でしたが、今年は完全にシリーズチャンピオンを目標にチーム体制を強化、チャンピオン奪取に注力するために1台体制で全力を尽くすとのこと。

そのドライバーは昨年に引き続き谷口信輝選手、片岡龍也選手の2人。ドライバーとしての実力は自他共に認めるトップクラスの2人です。

その他のスタッフは昨年と同様、監督は大橋氏、エントラント代表はスタディの代表である鈴木氏、スーパーバイザーはグッドスマイルカンパニー社長である安藝氏。

スーパーバイザーの安藝氏は発表会の壇上で、まさかの第1戦岡山優勝宣言!今年のシリーズにかける意気込みはかなりのものだということが場内にはっきりと伝わる一幕でした。

そして、もう一つのサプライズがドライバー陣。

長丁場となる鈴鹿1000kmレースでは、第三ドライバーとしてBMWのワークスドライバー、ヨルグ・ミューラー選手が乗り込むことに!

1993年マカオグランプリでの優勝からWTCC、アメリカルマンシリーズなど輝かしい経歴を持つミューラー選手の参加で、今まで苦手とされていた鈴鹿1000kmも必勝体制で臨むことになるようです。

そしてアンベールされた今年度の初音ミクBMW。

最初からMY2013という最新スペックにアップデートされたマシンはBMWカスタマーチームでもかなり異例なことだとのこと。アジア地区では初のMY2013スペックということでBMWからも日本のスーパーGTは注目度の高さが窺い知れます。

そして気になる今年度のレーシングミク。

スーパーバイザーの安藝氏がかなり口出しをしたという今回のレーシングミクは、昨年と比べるとかなり大人びていますが、これはキャラクターにも強さを持たせてそこからも勝利へのイメージにつなげているという想いがこめられているとのこと。

例年、このレーシングミクのデザインがベースとなってレースクイーンの衣装が作られていることを考えると、今年度もかなり期待出来ちゃいますよね。

その気になるレースクイーン、レーシングミクサポーターズも発表。左から石黒エレナちゃん、荒井つかさちゃん、そして昨年から続投の鴻上聖奈ちゃん。

発表会で感極まったのか、鴻上聖奈ちゃんがうれし涙を流すシーンもサプライズ。となりの荒井つかさちゃんももらい泣き?

とにかく、スーパーGT300クラスの台風の目になりそうな予感のグッドスマイルレーシング、初音ミクBMW。東京オートサロンで発表されたゲイナーのメルセデスSLS GT3も含めて激しいバトルが展開されそうな予感です。

(北森涼介)

001 003 004 005 006 007 008 009 010 011 002 012

画像付き元記事はこちら:スーパーGT初音ミクBMW、まさかの第1戦岡山優勝宣言!グッドスマイルレーシング参戦発表会(http://clicccar.com/2013/02/12/212657/)

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事