ロータリーエンジンは消えず、EVと共に生き続ける!?

 


新聞各紙が報じたところによりますと、マツダの山内CEOが「来年にもロータリーエンジンを搭載したEV(電気自動車)をリース販売する」と発言したということです。

すでにデミオEVの実証実験などを行なっているマツダですが、それはバッテリーのみで動くピュアEV。山内CEOのいうロータリーエンジンを搭載するEVとは、いわゆる”レンジエクステンダー”とよばれるエンジンで発電して電気モーターを駆動するタイプのEV。これにより電池切れの心配を減らすだけでなく、バッテリー搭載量を最適化できるというメリットもあるものです。

その発電用エンジンとして水素を燃料としたゼロ・エミッションのロータリーエンジンを搭載する予定というのですから、今夏でRX-8が生産休止となってしまい、その市販が止まってしまうロータリーエンジンが生き残るということであり、また次世代エコカーの中心的技術としてロータリーが位置づけられるということでもあります。

とはいえ、水素ロータリーエンジンについて多少の知識があれば、これは唐突な話ではないと感じることでしょう。

すでに2009年よりリース販売が行なわれている「プレマシーハイドロジェンREハイブリッド」が、まさしく水素ロータリーエンジンで発電して、電気モーターでタイヤを駆動するというパワートレインを持っているのです。

車体は別として、このプレマシーハイドロジェンの延長線としてバッテリー搭載量を見直し、またプラグイン(外部充電)できるようにしたクルマを想定していると考えれば、来年からロータリーエンジンを搭載したレンジエクステンダーEVのリース販売をはじめるというのはけっして無茶な計画ではなく、むしろ手堅い印象さえあります。

レンジエクステンダー(RE)を支えるロータリーエンジン(RE)。ダブルREの未来に期待しましょう!

■プレマシーハイドロジェンREハイブリッド(マツダ)
http://www.mazda.co.jp/philosophy/tech/env/hybrid/premacy_hre.html

(山本晋也) 

画像付き元記事はこちら:ロータリーエンジンは消えず、EVと共に生き続ける!?(http://clicccar.com/2012/06/08/162960)

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事