最初の空気入りタイヤは1888年の三輪車だったって知ってました?



みなさん、タイヤの中には何が入ってますか?

そうですね、F1だろうがダンプカーだろうが、空気ですね。自転車に乗ってる幼稚園児でも知ってるくらいの常識です。

けど、そもそも自転車のタイヤには空気なんか入ってなかったそうです。

「へー」と思いませんか?

1888年にスコットランドのジョン・ボイド・ダンロップさんが、息子さんの三輪車の乗り心地を良く、速く走れるようにしてあげようと空気を入れたチューブをタイヤに付けて走らせ特許を取ったのが始まりだそうです。

ん? ダンロップ?

そうなんです。あのダンロップが空気入りタイヤを発明して今に至ってるんですね。

1886年にゴットリープ・ダイムラーとカール・ベンツが自動車を発明したとされる(諸説ありますが)ころですから、人間が移動に対していろいろと試行錯誤してどんどん進化していった時代なんでしょうね。

発明したものの、「パンクするんじゃないか?」だの「速く走れないんじゃないか?」だの言われたそうです。けれど、空気入りタイヤ(っていちいち書くのももどかしい)を装着した自転車がレースで勝利し、非常に信頼されるようになったそうです。タイヤの信頼度を上げるにはレースが重要というのはこのころから始まったんでしょうね。

その後、ダンロップでは1905年に自動車用タイヤとして初めてトレッドに溝をつけたり、

1909年には日本に近代的ゴム工場の拠点を置いたり、

1913年には国産第一号タイヤを生産したり、

1991年、日本初ル・マン24優勝のマツダ787Bもダンロップ装着車だったそうです。

そんなタイヤの進化についてのムービーがありますのでご覧下さい。

Click here to view the embedded video.

数回続いている連載の5回目になりますが、これまでと少し違った雰囲気で楽しめるものになってますよ。ハイドロプレーニング現象を初めて確認したのもダンロップだそうですから、ダンロップけっこうスゴいです。

<関連記事>
ダンロップ=福山雅治・・・というカッコいいイメージだけじゃなかった! 必見!?のヘンなお笑い番組を発見!!(http://clicccar.com/2012/03/02/114571)
意外にこれアリかも? 第3回は転がり抵抗の実験!【DUNLOP タイヤサイエンス】(http://clicccar.com/2012/03/27/124405)

画像付き元記事はこちら:最初の空気入りタイヤは1888年の三輪車だったって知ってました?(http://clicccar.com/2012/04/24/137382)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事