【意外過ぎて驚きシリーズ】『DRAGON BALL』のクリリンが「地球人最強」の理由

 

 数々のバトルが繰り広げられた『DRAGON BALL』の最強戦士といえば、やはり主人公の孫悟空だろう。そこで気になるのが、悟空をはじめとする異星人を除いた地球人最強は誰なのかということだ。読者からは「クリリンが地球人最強と聞いて驚いた。回りがすごすぎるのでクリリンの強さがかすんでいた」(女性/神奈川県/31歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)という声が寄せられた。本当に地球人最強はクリリンなのか、じっくり検証してみたい。

 クリリン最強伝説の根拠のひとつになっているのが、『DRAGON BALL』37巻(集英社刊 定価:420円[税込み])に登場するヤムチャの言葉だ。天下一武道会への出場を心配するクリリンの娘のマーロンに、「おとうさんは世界でいちばん強いんだ! 地球人の中じゃね……」と言っている。しかし、なぜマーロンがクリリンの出場を心配していたかというと、このとき既に武道家を引退していたからだ。

 一方、天津飯はクリリンやヤムチャの引退後も修業を続け、魔人ブウから「かなりの達人」と思われている。ちなみに、2人の戦闘値を正確に比べられるのは、サイヤ人戦までだ。『ドラゴンボール大全集―鳥山明ワールド』7巻(集英社 1996年刊)によれば、当時の天津飯の戦闘値は1,830で、クリリンの1,770を上回っている。こうしたことを根拠に、地球人最強は天津飯だという意見も多い。

 だが、実は前出の大全集により、天津飯は純粋な地球人ではなく、異星人である三つ目人の末裔(まつえい)だということが発表されている。やはり、「地球人」最強はクリリンということになる。ピッコロに「世界は簡単には俺のものにならないらしい」と思わせ、他人を見下しがちのベジータに「中々のものだ」と評価されたクリリン。地球人最強を名乗るのに恥ずかしくない実力だ。

 作者の鳥山明さんも彼のことを気に入っていたようで、集英社発行のガイド本で「友達になりたいキャラ」、「好きな戦士」の両方でクリリンの名前を挙げている。だからこそ、作中でヤムチャに「地球人最強」と言わせたのではないだろうか。作者も愛したあのクリリンこそ、地球人最強だと信じたい。

 文・塩澤真樹(C-side)

※アンケート
調査時期:2012年1月13日~1月23日
調査対象:マイナビ ニュース会員
調査数:男女574名
調査方法:インターネットログイン式アンケート


■関連リンク
『DRAGON BALL』のあのキャラがランクイン!マンガやアニメの天然キャラといえばランキング
『ドラゴンボール』が世界中で愛される理由を心理学観点から解明
『DRAGON BALL』は何位にランクインしたのか!? 男心を学んでほしい!女性に読んでほしい少年マンガランキング

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「Windows 10 Anniversary Update」は8月2日リリース - Microsoftが発表
[02:46 6/30] パソコン
[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー
JR東日本、仙石東北ライン上り始発・下り最終が女川駅へ - 8/6直通運転開始
[23:45 6/29] ホビー
「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ

本音ランキング