やらせもステマもありません! 「日本オタク大賞2011」、大賞は『電人ザボーガー』

 

 2012年1月15日、東京・新宿ロフトプラスワンにてトークイベント「日本オタク大賞2011」が開催された。前年に起こったオタク的な作品や事象を軽妙なトークで振り返りつつ、審査員の独断と偏見によって賞を決定する日本オタク大賞は今回で11回目。

 昨今のクールジャパンの風潮とはさほど関係なくマイペースで続けられてきた日本オタク大賞だが、今回のトピックは「ニコニコ生放送」での配信。2008年に行われた第7回の大賞に「動画投稿サイト(代表としてニコニコ動画)」を選んだ日本オタク大賞としては意外なようだが、ニコニコ生放送での配信は今回が初めて。最終的な入場者数はのべ63,065人にのぼり、盛況な配信となった。

 2011年のおもなニュースの振り返りと、各ジャンルを担当する審査員のプレゼンを経て、大賞候補となるノミネートに選ばれたのは『魔法少女まどか☆マギカ』『ジュエルペット サンシャイン』『花のズボラ飯』『アイドルマスター シンデレラガールズ』「レベルファイブ」「バファローベル」「マジスタンス」『電人ザボーガー』「スティーブ・ジョブズ」という9項目。

 この9項目に審査員が3票ずつ投票し、会場からの3票も加えて大賞に選ばれたのは、映画『電人ザボーガー』! 1974年放送の同名特撮ドラマを板尾創路と古原靖久のダブル主演でリメイクし、公開規模は小さいながらもロングランを記録したこの作品が見事大賞に選ばれた。この日の映画に関するトークでは、原作ファンをないがしろにした邦画作品へのダメ出しもあり、オリジナル版への愛とリメイク版ならではの要素の両方を鮮やかに満たした『電人ザボーガー』に票が集まったようだ。

 続いて各審査員による個人賞も発表。藤津亮太賞は震災後頻繁に流れたCM「あいさつの魔法」のパロディ動画「キングさよなライオン」、東海村原八賞は2011年の死去が記憶に新しいスティーブ・ジョブズ、志田英邦賞は『ダンボール戦機』『機動戦士ガンダムAGE』などで話題のゲーム会社「レベルファイブ」、藤田直哉賞は現代アートとネタ画像の狭間をさまよう謎のコラージュ画像集団「マジスタンス」、前田久賞は制作陣による自由すぎるネタが詰め込まれたアニメ『ジュエルペット サンシャイン』、奈良崎コロスケ賞はギリギリのセクシー演出でパチンコ台の極北に到達した「CR南国麻雀」、鶴岡法斎賞にはNHKが天気予報という枠で生み出したまさかの萌えキャラ「春ちゃん」となっている。

 このほかトークでは、「秋葉原ラジオ会館建て替え」「魂ネイション」「侵略SF映画」『ブラック・ジャック創作秘話』『恋と軍艦』『もしドラ』『スイートプリキュア♪』『バトルスピリッツ ブレイヴ』『映画 けいおん!』『gdgd妖精s』「カオスラウンジ騒動」「ステマ騒動」『奥ノ細道オブ・ザ・デッド』「自炊問題」『The Elder Scrolls V:SKYRIM』『HOMEFRONT』「PSN個人情報流出事件」「ソーシャルゲーム」「見抜き」「『銀魂'』放送休止問題」「三ツ矢雄二」「節電ヤシマ作戦」「角川書店無双」などなど、いつもながらの盛りだくさんな話題が飛び出した。あまり興味のないジャンルのオタクネタを、知らないなりに楽しめるというのも、日本オタク大賞ならではの醍醐味と言えるだろう。2012年はどんな作品やニュースが話題となっていくのか、いまから期待していきたいところだ。

文●野口智弘



■関連リンク
「日本オタク大賞2011」結果一覧を含む記事はコチラ
映画『ベルセルク』が『ドラゴンズドグマ』とコラボ! 試写会でトークショー
アニメの情報盛りだくさん「マイナビニュース[アニメ]」

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事