【女性編】ある瞬間、自分も年をとってしまったなぁと感じることランキング



階段で息切れしちゃうんです



「最近眠くなるのが早い」「面倒だし、今日はどこにも出掛けたくない」それって、単なる疲れではなく、年をとったせいかもしれませんよ。皆さんどのような瞬間に「自分も年をとった」と感じているのでしょうか? 510名の女性に聞いてみました。>>男性編も見る




Q. ある瞬間、自分も年をとってしまったなぁと感じることは?(複数回答)
1位 駅の階段で息が切れる 18.9%
2位 出掛けるのが面倒になってきた 15.9%
3位 物事をなかなか思い出せない 15.8%
4位 朝まで飲めなくなった 14.1%
5位 腰が痛い 10.9%


■駅の階段で息が切れる
・「会社の階段を上っていて息が切れた時、まずいと思った」(25歳/自動車関連/事務系専門職)
・「昔はダッシュで上れたのに、と思う」(28歳/自動車関連/事務系専門職)
・「電車に乗ってもけっこう長いあいだ息が上がったままになる」(23歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「電車が来るから走ろうと思ったら、足が重くて階段を駆け上がれなかった」(28歳/自動車関連/事務系専門職)


■出掛けるのが面倒になってきた
・「寒かったり、暑かったり、雨が降ると、外出したくなくなるから」(26歳/金融・証券/事務系専門職)
・「以前ほど休みの日に外に出掛けなくなった」(23歳/食品・飲料)
・「化粧や着替えが面倒で出掛けることが少なくなったから」(25歳/金融・証券/専門職)


■物事をなかなか思い出せない
・「名前が出てこないときがある」(25歳/機械・精密機器/技術職)
・「えーと、あれ、あれ、と言ってしまう」(26歳/情報・IT /事務系専門職)
・「いいたい単語がすぐでない」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)


■朝まで飲めなくなった
・「22時には寝たくなる」(25歳/食品・飲料/技術職)
・「昔だったらオールできたのに、今は次の日にお酒が残るようになってきついです」(23歳/医療・福祉/営業職)
・「終電を気にして1本前の電車で帰るようになった」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)


■腰が痛い
・「腰痛なんておばちゃんの証拠だと思っていた」(26歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)
・「腰痛、肩こりは当たり前になりました」(25歳/食品・飲料/技術職)


総評
1位は「駅の階段で息が切れる」という切ないシーン。さっそうと駆け上がったつもりが、ぜぇぜぇ、はぁはぁ。そうです、悲しいかな、それは確実な老化なのです。無理は禁物ですよ。
「出掛けるのが面倒になってきた」も立派に年をとった証拠なのですね。昔は遊びに誘われたらあれこれ考えずに出かけていたのに……。


3位は「物事をなかなか思い出せない」でした。「あの人が、そこで、あれして」って何のこと? もしかしたらあなたの会話も、こんな風になっていませんか?


「朝まで飲めなくなった」ことで年をとったと感じる人は女性も多いようです。あのころの勢いはどこへ……。


いかがでしたか? みなさんいろいろな場面で年をとったと感じていますね。しかし、たとえ体は年をとっても、気持ちはいつだってさわやかに若々しくいきましょう!(文・OFFICE-SANGAおがたますお)


調査時期:2012年2月24日~2012年2月29日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:女性510名
調査方法:インターネットログイン式アンケート


■関連リンク
【女性編】大人になって怖くなったものランキング
【女性編】学生時代、片思いが楽しいと感じられた瞬間ランキング
【女性編】30代になったら年がいもなくと言われできなくなるだろうなと思うことランキング

人気記事

一覧

2017年7月26日の運勢

イチオシ記事

新着記事