【男性編】ある瞬間、自分も年をとってしまったなぁと感じることランキング



腰痛になるなんて……



「この階段こんなに長かったっけ?」「なんだか最近肩こりがひどい……」。これってもしかして年のせい!? 日常のなかで「自分も年をとったなぁ」と感じる瞬間はどのような時ですか? 361名の男性に聞きました。>>女性編も見る




Q. ある瞬間、自分も年をとってしまったなぁと感じることは?(複数回答)
1位 腰が痛い 20.3%
2位 朝まで飲めなくなった 17.6%
3位 物事をなかなか思い出せない 15.2%
4位 出掛けるのが面倒になってきた 13.5%
5位 駅の階段で息が切れる 12.8%


■腰が痛い
・「学生のころは腰痛なんかに悩まなかったから」(28歳/情報・IT/技術職)
・「長時間同じ体勢だときつい」(22歳/情報・IT /技術職)
・「これまでの運動不足が出てしまったように感じるから」(27歳/商社・卸/営業職)


■朝まで飲めなくなった
・「お酒に弱くなって、23時を過ぎると眠たくなってくる」(29歳/機械・精密機器/営業職)
・「朝まで飲むと次の日がしんどすぎる」(23歳/小売店/販売職・サービス系)
・「大学時代は朝まで飲んだが、最近は3~4時で力尽きる」(29歳/情報・IT /クリエイティブ職)


■物事をなかなか思い出せない
・「物忘れが激しくなってきた。メモをとっても、それが何のメモか思い出せないことがある」(25歳/金融・証券/営業職)
・「自分の得意分野だったことがなかなか思い出せず、ついネットに頼ってしまう時」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「昔聴いた曲の名前や見たドラマの名前が思い出せない」(29歳/技術職)


■出掛けるのが面倒になってきた
・「着替えが面倒になったため、出掛けたくない時がある」(27歳/建設・土木/技術職)
・「これまで休みの日は遊びに行っていたが、最近は家でDVDを見て過ごすことがふえた」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)


■駅の階段で息が切れる
・「エレベーターの使用頻度が増えてきた」(28歳/情報・IT /技術職)
・「昔は階段を駆け上がれたから」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)


総評
1位は「腰が痛い」と感じる瞬間。5位に入った「駅の階段で息が切れる」といい、やはり「老い」は体にあらわれることで一番実感できるようですね。


2位の「朝まで飲めなくなった」翌日にしっかりとお酒が残るようになってしまった、そんな声が多かったですよ。これからは無理をしてはいけません。


3位は「物事をなかなか思い出せない」いかにも、といったエピソードですよね。周りの大人たちが、テレビに出ているタレントを見て「この人誰だっけ?」とやっていたのを、まさか自分も経験することになろうとは……。老いとはそういうものです。


「出掛けるのが面倒になってきた」が4位。着替えるのさえ面倒だ、これは重症ですね。


いかがでしたか? 昔はこんなんじゃなかったのに……。振り返っても仕方が無いのです! 老化を避けられる人間はいないのですから。これからも上手に自分と付き合って、楽しくすてきに年を重ねていきましょう。(文・OFFICE-SANGAおがたますお)


調査時期:2012年2月24日~2012年2月29日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:男性361名
調査方法:インターネットログイン式アンケート


■関連リンク
【男性編】大人になって怖くなったものランキング
【男性編】学生時代、片思いが楽しいと感じられた瞬間ランキング
【男性編】30代になったら年がいもなくと言われできなくなるだろうなと思うことランキング

人気記事

一覧

2017年7月26日の運勢

イチオシ記事

新着記事