【男性編】最終回が思い出深いマンガランキング



全国制覇を成し遂げる彼らを見たかった!!



大好きなマンガが終わってしまったとき、「まだ続きを読みたい」と思うか、「このラストでよかった!」と思うかは人それぞれ。ときには、意外なエンディングに驚かされることもあります。今まで数々出会ってきた最終回の中でも、忘れられない作品の思い出がある人は多いのでは? そこで男性388名に、最終回が思い出深いマンガを聞いてみました。 ※ネタばれも含まれるのでご注意ください。

>>女性編も見る




Q.最終回が思い出深いマンガは?(複数回答)
1位 『SLAM DUNK』 35.0%
2位 『DRAGON BALL』 13.9%
3位 『タッチ』 11.9%
4位 『幽☆遊☆白書』 10.6%
5位 『めぞん一刻』 10.3%


■『SLAM DUNK』の最終回は思い出深い……
・「『桜木花道、よくぞここまで成長した!!』と思った。バスケ経験のある自分だからこそ共感できる部分があったので」(27歳/アパレル・繊維/営業職)
・「バスケットをやっていた身としては、終わってしまったこと自体がショックだった」(31歳/機械・精密機器/技術職)
・「桜木があんなことになってしまって……。また、続きも期待させる最終回でした」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「桜木花道のその後のバスケット人生をもっと知りたいと感じさせられたので」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「感動的な幕切れだった。いつもその先の展開を妄想しています」(25歳/情報・IT/技術職)


■『DRAGON BALL』の最終回は思い出深い……
・「結局すごく平和な世界で終わり、安心した記憶があるから」(27歳/運輸・倉庫/技術職)
・「もう悟空に会えないと思って悲しくなったのを覚えている」(24歳/情報・IT/営業職)
・「続編がありそうな感じで終了したのが印象的」(32歳/情報・IT/技術職)
・「その後、悟空とウーブがどうなったのか知りたい」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)


■『タッチ』の最終回は思い出深い……
・「達也の行く末が語られなかったから、その後を期待してしまった」(36歳/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「自分自身も野球をしていて、このマンガを読んでいたので感動した」(22歳/マスコミ・広告/営業職)
・「あだち充先生らしい静かな終わり方が印象的」(33歳/運輸・倉庫/その他)


■『幽☆遊☆白書』の最終回は思い出深い……
・「『週刊少年ジャンプ』黄金期に少年だったので、この最終回はすごく記憶に残っている」(27歳/情報・IT/技術職)
・「『まだまだ続きいけただろ!!』と思ったから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「まだ続いてほしかったので、最終回はショックだった」(25歳/その他/事務系専門職)


■『めぞん一刻』の最終回は思い出深い……
・「リアルタイムで読んでいたので思い出深い。響子さんが好きでした」(42歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「最後には幸せになってほしいと思いながら読んでいた気がする」(49歳/機械・精密機器/技術職)
・「人情味があふれている作品。終わり方も好きです」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)


■番外編:このマンガの最終回は思い出深い……
・『DEATH NOTE―デスノート―』:「生き残った人たちの考えに、心が深く揺さぶられたから」(22歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・『あしたのジョー』:「死ぬほど燃えた男の姿は、いつの時代も美談だと思います」(26歳/医療・福祉/その他)
・『いちご100%』:「東条さん一筋かと思いきや、結局別のヒロインを選んだことに驚いた」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・『鋼の錬金術師』:「最後アルもエドもそれぞれ信念を貫こうとし、前を向いて進んでいくところがよかった」(25歳/金融・証券/営業職)
・『うしおととら』:「別れも感動的だったが、再会できたところがいい」(25歳/医療・福祉/技術職)


総評
35.0%の高い支持を得て見事1位に輝いたのは『SLAM DUNK』でした。セリフなしで描かれた山王戦ラスト数秒の迫力、鳥肌の立つ感動のエンディングがいまだ多くの人の心に残っているようです。桜木の背中のケガや、流川の全日本選抜での活躍、新キャプテンの宮城率いる湘北バスケ部の行方など、気になることが多く残る終わり方だったので、続編を期待する声も多い作品です。


同じく「最終回を迎えたことが寂しかった」という意見が出ていたのは2位の『DRAGON BALL』。悟空と魔人ブウの生まれ変わりであるウーブが空へ飛び去る最終話に続きを期待する声も出ていました。作者の鳥山明さんはもっと早く連載終了するつもりだったようですが、あまりに人気が出たため終わらせることができなかったという話も。そんな事情もあり、最終回のときには「今まで続けてくれてありがとう」と鳥山先生に伝えたくなりました。


『SLAM DUNK』、『DRAGON BALL』と共に90年代半ばのジャンプ黄金期を築き上げた作品『幽☆遊☆白書』は4位にランクイン。「まだまだ続けてほしかった」という意見が出ましたが、たしかにもう少し続けようと思えば続けられる終わり方でした。大好きな作品だっただけに、終わったことが残念という気持ちに。


1986年に最終回を迎えた『タッチ』は3位。あの有名な電話越しの告白はアニメだけで、マンガでは直接会って思いを伝えるラストでした。あだち充さんらしい「静かな終わり方が印象的だった」という意見もありました。達也と南ちゃんの関係がその後どうなったのか、原作にはないオリジナルの続編としてアニメが制作されているので、そちらもチェックしてみてください。『タッチ』が連載終了した翌年の87年には、5位の『めぞん一刻』が最終回を迎えました。五代くんと響子さんが結ばれるハッピーエンディングで、ホッとひと安心。


大好きだったからこそ終わってほしくなかったという人や、なかには終わり方に納得いかなかったという意見もありました。特に『SLAM DUNK』は、目標だった全国制覇を成し遂げるところが見られないまま終わってしまったので、全国の強豪と戦う湘北バスケ部を描いてほしいという人が多数いました。『タッチ』のようにマンガにはない続編がアニメで描かれることもあるので、ぜひ続きを期待しましょう!! (文・飯塚雪/C-side)


調査時期:2011年11月11日~11月19日
調査対象:マイナビ ニュース会員
調査数:男性388名
調査方法:インターネットログイン式アンケート



■関連リンク
【ランキング男性編】本当に泣ける少年・青年マンガ
【ランキング男性編】男心を学んでほしい! 女性に読んでほしい少年マンガ
【ランキング男性編】完結したけど続編が読みたいマンガ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事