【女性編】婚約者からもらいたい婚約指輪の相場ランキング



デザインが気に入れば、値段にはあまりこだわらない!



芸能人の結婚記者会見で、左手薬指に光る婚約指輪をカメラに見せる姿って、憧れますよね。プロポーズされるときにはやっぱり婚約指輪をプレゼントして欲しいという女性も多いと思います。今からあれこれ、理想の指輪について思い描いている人もいるかも!? そこで今回は、20代女性628名に婚約者からもらいたい婚約指輪の相場についてお聞きしました。>>男性編も見る




Q.婚約者からもらいたい婚約指輪の相場は、給料の何カ月分位か教えてください。(現在恋人がいない人も、今後自分が結婚する場合をお考えください)(単一回答)
1位 給料の1カ月分以上~給料の2カ月分未満 31.5%
2位 給料の0.5カ月分 22.0%
3位 給料の2カ月分以上~給料の3カ月分未満 17.7%
4位 給料の3カ月分以上~給料の4カ月分未満 15.9%
5位 値段にはこだわらない 4.6%


■給料の1カ月分以上~給料の2カ月分未満……
・「そんなに高価でなくてもちょっと特別感のある指輪が欲しいのでこのくらいの相場でOKです。高価すぎると日常でつけるのが怖い」(28歳/商社・卸/事務系専門職)
・「あんまり安いのも偽物っぽいし、高すぎるのも申し訳ない気持ちになるので、10万円ぐらいの物で十分だと思う」(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・「一生つけていくものだからそれなりの品質のものが欲しいけど、そのために貯金を減らして欲しいとは思わないから」(28歳/商社・卸/事務)
・「あまり無理のない範囲で良いと思う。値段よりも自分が気に入るかどうかが重要だから」(24歳/情報・IT/技術職)
・「自分も婚約記念品をお返しするのだと思うと、あまり高いとびっくりしてしまう。気持ちがこもっていれば十分」(24歳/医療・福祉/専門職)


■給料の0.5カ月分……
・「本当はいくらでもいいです。安ものは壊れやすいから、ある程度強度のあるものなら何でも嬉しいです」(25歳/金融・証券/事務系専門職)
・「結婚指輪にお金をかけてほしいので、婚約指輪は気持ちがこもっていれば高くなくてもいいと思っているから」(25歳/情報・IT/技術職)
・「今まであまりアクセサリーを身につける習慣がなく、給料の0.5カ月分の指輪でも十分に高価だと感じるから」(23歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)


■給料の2カ月分以上~給料の3カ月分未満……
・「世間一般的に給料の3カ月分程度という考え方が浸透しているから。その程度はないと両親や友人に突っ込まれると思う……」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「身の丈に合わないような高価な指輪を贈られれば引いてしまうし、逆にあまりに安価な指輪では衝動的にプロポーズしているのではないかと疑ってしまうため、よく言う給料3カ月程度の額が妥当だと思う」(22歳/医療・福祉/専門職)
・「安すぎても「えっ……」と引いてしまうし、高すぎても「そこまでしなくてもいいよ」と遠慮してしまうから。どちらかというと値段よりも見た目などのデザインを気にする」(22歳/運輸・倉庫/一般事務)


■給料の3カ月分以上~給料の4カ月分未満……
・「給料の3カ月は相場かなと思う。私のために頑張ってくれたんだ、と充分に思える金額!」(25歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)
・「もともと高価な物をあまり好まないが、一般的な常識として、男性も安すぎる指輪買ったら周囲から何か言われそうなので、普通によく言われる給料三ヶ月分がいいと思った」(22歳/金融・証券/専門職)
・「安すぎると自分に対する気持ちはそんな程度か、と思うし、高すぎると指輪にそんなにかけてもったいない、と思うから」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)


■値段にはこだわらない……
・「愛がこもっていれば、金額は関係ないと思います」(23歳/金融・証券/営業職)
・「デザインが気に入れば金額は全く気にしません。ただデザインにこだわると自然と高くはなりそうですが」(25歳/金融・証券/専門職)
・「欲しいのは、婚約者の自分に対する気持ちであって、高価なら良いというものではない」(27歳/生保・損保/営業職)


総評
1位には「給料の1カ月分以上~給料の2カ月分未満」、2位には「給料の0.5カ月分」がランクインし、全体の半数以上を占めました。女性の堅実志向が反映される結果になりました。給料の2カ月未満を選択した人からは、「気持ちがこもっていれば十分」、「値段よりもデザインを重視したい」、「高すぎると日常的に付けられない」という声が目立ちました。中には「あまり高すぎるとお返しに困ってしまう」という声も。また、「あまりに高すぎると恐縮してしまう」など、男性陣に気を遣う声も。20代女性に人気の婚約指輪は、男性の負担にならない価格で、日常づかいもできるデザイン性のある指輪のようです。


一方、「給料の3カ月分以上~」を希望する女性からは、「給料の3カ月分というのが王道な響き」、「給料3か月分というのをよく聞くから、それが相場なのかと思う」コメントが多く寄せられました。そもそも「給料3か月分」というのは、1970年代にデビアス社が販売促進のために使ったキャッチコピー。それが40年以上たった今でも、婚約指輪の相場として浸透しているんですね。


また、女性編の特徴として、「値段にはこだわらない」派がいたことです。気持ちが伝わればそれでよいという女子も少なくありませんでした。やっぱり、彼が自分のためにコツコツ貯金して、頑張って買ってくれたと思うと、それだけで嬉しいですよね。


調査時期:2011年6月7日~6月19日
調査対象:COBS ONLINE会員
調査数:女性628名
調査方法:インターネットログイン式アンケート



■関連リンク
【男性編】思わず結婚したい気分になる映画ランキング
【女性編】絶対に結婚してほしいアニメ・マンガのカップルランキング
プロポーズまでに知っておきたいダイヤモンドの基礎知識

人気記事

一覧

2017年6月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事