日本じゃ考えられない!? 世界の変わった交通ルールたち!

 

日本と海外では、右側車線通行と左側車線通行の違いや、看板の意味など、さまざまな交通ルールの違いがあるものです。中には「それってどうなの!?」と思わず首をひねってしまうような交通ルールもあるものでして……。今回は、そんな海外の変わった交通ルールたちを紹介します。



●赤信号でも右折可能(アメリカ)
アメリカの交通ルールでは、前の信号が赤でも右折は可能です。日本ではちょっと考えられないルールですが、「進んでよし」なので曲がらないと後ろの車にクラクションを鳴らされたりします。しかし、赤信号なので当然ながら反対側の車線はビュンビュン車が走っているので要注意です。

●踏み切りで一時停止はご法度(フランス、ほか)
日本だと踏み切りを通過するときは一旦停止して安全を確認してから進みますが、フランスでは基本的にそのままのスピードで通過します。もし踏み切りでいきなり一旦停止しようものなら、後ろの車のドライバーから怒られること間違いなしです。

●駐車するなら乗り上げて(ベルギー)
ベルギーで車を駐車する場合、必ず路肩に片輪を乗り上げて駐車しないといけないルールがあります。そのため、路肩駐車スペースには乗り上げた車でいっぱいだそうです。また、ベルギーは常時ヘッドライト点灯しないといけないルールも制定されています。

●大きい方が強い(中国)
中国では車同士の交通事故が起きた場合、小さい車に乗っていた方が責任を負うことになっています。つまり、軽自動車と大型車がぶつかった場合は、経緯がどうあれ基本的に軽自動車が悪い、ということになります。理不尽極まりないですね。

●事故が多すぎて法改正(ニュージーランド)
ニュージーランドの交通ルールでは右側優先が基本。日本だと自分が左折しようとして対向車線の車も右折(自分の曲がりたい側)したい場合、自分側が優先になりますが、ニュージーランドでは対向車線側が優先となります。なので対向車側が先に右折をするのですが、さらにややこしいことに直進車が一番の優先になっているので、直進車と右折車の事故が頻発。そのため、今年3月に左折優先の法改正が行われました。しかし海外にはまだややこしい「右側優先」を使っている国が多くあるので、気をつけましょう。

●珍しい交通標識
海外には珍しい交通標識も多く存在します。オーストラリアの「ワニに注意」やカナダ、フィンランドの「スノーモービル交通可」などのその国らしい標識。アフリカには「ヒッチハイク禁止」といった標識も存在します。また、香港の「強風に弱い車は通行不可」といったよくわからないものもあります。それって、吹っ飛んじゃうからダメなの(笑)?

以上、日本と違う、変わった海外の交通ルールでした。もし海外で車を運転する際は、こういった海外独自の交通ルールに注意して運転するようにしてくださいね!

(貫井康徳@dcp)

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

「この会社で勉強したい」はOK? NG?
「この会社で勉強したい」はOK? NG?

採用担当者が明かす! 面接でNGな志望理由

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Facebookの月間利用者数が17億人突破、来年に20億人到達の可能性
[08:08 7/28] 企業IT
Google Playファミリーライブラリ提供開始、購入コンテンツを家族で共有
[08:05 7/28] スマホとデジタル家電
ラブライブ!声優の三森すずこ、『アングリーバード』でピンクの鳥の声担当
[08:00 7/28] エンタメ
Audio PixelsとTowerJazz、MEMSラウドスピーカーチップの量産で合意
[08:00 7/28] テクノロジー
オーテクの重低音Bluetoothイヤホンは「重低音以外」もイケる
[08:00 7/28] スマホとデジタル家電

求人情報