TVやネットで話題! 日本初のARと書籍の本格コラボが実現

 

「AR」という技術がいま、テレビやインターネットといったメディアを中心に注目されている。スマートフォンなどの端末でARマーカーを読み込むと、現実世界の映像にアニメーションや文字が飛び出して見えるというものだ。

昨年には日本初の書籍とAR(デジタル技術)が本格的に融合した本が販売され、話題を呼んでいる。

ARとは、拡張現実(Augmented Reality)といわれるデジタル技術のこと。スマートフォンなどのカメラ画面から現実世界をのぞくと、現実には存在しないイラストや文字情報などが表示される。それらが現実感を作り出すことによって、そこに映った情報をより深くとらえることができるのだ。



マンガの中からキャラクターが飛び出したり、動画を再生できたりするなど、雑誌の一部の企画にARが使われることはある。しかし、書籍全体がARとコラボレーションしたものはなかった。

そんな中、各メディアで話題の「ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる」(東京書籍株式会社)は、日本で初めて本格的な書籍とARのコラボレーションを実現。



英語を「読む」ことにくわえて「体験」できる、新感覚の書籍だ。

■ARが頭の中に眠っている「英語」を呼び起こす

また、実際に中身を見てみると、同書は、中学校用英語教科書「NEW HORIZON」の登場人物の15年後の姿を描いた、大人向けの次世代型教科書になっている。

社会人に成長したケン、ユミ、ルーシーの3人の様子を、中学生レベルの英語で表現。3人の日常生活がコミカルに描かれている。基礎から英語を学び直したい人に最適だ。

楽しみながら英語を学べる仕掛けとして、AR技術を採用。ARとの本格的なコラボレーションによって、本を読むと同時に、正しい発音を習得できるのだ。



ARマーカーを読み込むと、本の上に3人が浮かび上がる。そして、アニメーションとともに、彼らの英会話を聞くことができるのがおもしろい。また、浅草の町へ繰り出すシーンでは、喧騒も再現されている。

まるで目の前で彼らが話しているかのように、ストーリーが展開していく。臨場感あふれる仕上がりで、物語に引き込まれてしまう。

さらに、物語には、3人の恋愛模様も盛り込まれており、読み物としても楽しめる。偶然の再会でユミにときめいてしまうケン、彼を追って日本へやってきたルーシー。恋の行方も見逃せない。親しみやすいアニメのようなイラストも特徴だ。

ARを体験するには、無料の専用アプリ「NEW HORIZON AR」のダウンロードが必要。公式サイトでもARキャラを体験できる。紙の上からキャラクターが浮き出る感覚、そしてライブ感のある英語を味わってほしい。

■ARによって、書籍は新しいステージへ駆け上がる

さらに、「ARで手にとるようにわかる 3D宇宙大図鑑」(同社)も4月に発売された。地球の自転や月の満ち欠け、彗星(すいせい)の動きや姿をARによって再現。最先端のデジタル技術を駆使し、月の誕生やコズミック・ビューといった、宇宙の謎もシミュレーションできる。

アルベルト・アインシュタインやガリレオ・ガリレイの肖像画が話し出すといった、ユニークな仕掛けも。遠く離れた宇宙の世界を、より身近に感じられる工夫が凝らされている。



詳しい解説は書籍で、ビジュアル面はデジタルで補う。ARを使うことによって、同時に多くの情報を得られるため、より深く理解することができる。こちらの書籍は、「NEW HORIZON AR」とは違うアプリ「AReader(エアリーダー)」のダウンロードが必要だ。

また、5月21日に観測できる金環日食用のメガネも付属。同書で宇宙の仕組みを学んだ後、リアルにその動きを体感すれば、より宇宙について興味が増すだろう。

■専門家が語る、ARと書籍の未来

ARはここ数年で普及した新しい技術である。同社のように、本格的な書籍とのコラボレーションは今後、どのように展開していくのだろうか。

「ARToolKit」の開発者である、奈良先端科学技術大学院大学・加藤博一教授にARと書籍の将来についてうかがった。ちなみに「ARToolKit」とは、ARの研究のために開発されたもの。これを使えば、カメラに映し出された現実世界の映像に、アニメーションや3Dなどの素材を合成できる。

「書籍は情報量に限界がありますが、ARではそれを補うことが可能です。平面図ではわかりにくかった設計書を3Dで再現したり、商品を立体的に映し出し、さまざまな角度から見られるようにしたりできるなど、従来は不可能だった表現をARが可能にしました。

ARは教育関連のコンテンツに向いています。例えば、物理や化学の教科書に活用すれば、その場で実験の様子を見ることができる。英単語にかざせば和訳が浮き出すようにするなど、非常に相性がいいと思います。

ただ、現在はまだ、ARが本当に便利だということが伝わっていないように感じます。紙の良さをいかしつつ、アニメーションや3Dといったデジタルの奥深い表現を融合させれば、さらにおもしろいものができるのではないでしょうか。

例えば、ファッション誌のモデルを3Dで表現することで、コーディネートの全体像を確認することができるようにしたり、アイドルの特典ライブ映像が見られるようにするなど、エンターテイメント系でのコラボレーションも期待できますね」(加藤教授)

ぜひ、気になる方は書店で購入し、試してみてはいかがだろうか。

(OFFICE-SANGA 渡辺あきこ)

●ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/miraikei/

●3D宇宙大図鑑
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/3D-Space/

関連キーワード

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

「この会社で勉強したい」はOK? NG?
「この会社で勉強したい」はOK? NG?

採用担当者が明かす! 面接でNGな志望理由

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報