間違って覚えていた漢字の読み方

ニュース
トップ

間違って覚えていた漢字の読み方

  [2012/01/23]

恥ずかしさにもいろいろな種類がありますが、漢字の読み間違いによる恥ずかしさって、ほかとは比べ物にならない何か特別なものであるような気がしてなりません。何であんなに恥ずかしいんでしょうね……。マイナビニュース読者に「間違って覚えていた漢字の読み方」をアンケートしました。

調査期間:2011/12/5~2011/12/9
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数 861件(ウェブログイン式)

■雰囲気→ふいんき(正:ふんいき)
「変換できなくて、上司に相談したら笑われました」(28歳/男性)

良かったですね、笑われるくらいで済んで。

■野沢菜→やざわな(正:のざわな)
「大きな声で『私、昔からやざわな好きやねん!』。思い切り、母に突っ込まれました」(27歳/女性)

お母さんもそんなの食べさせたことあったかしらって思ったかもしれません。

■巻頭→まきがしら(正:かんとう)
「漫画雑誌に『巻頭カラー』と書いてあるのを見て、『マキガシラって誰?』と」(25歳/女性)

マキガシラ先生の漫画、ちょっと読んでみたいかも。

■月極→げっきょく(正:つきぎめ)
「駐車場でよく見かけるので、そういうチェーンの大企業が運営してるのかと思ってた」

そんな会社があるとしたら、大丈夫かなって思ってしまいます。

■生物解凍→いきものかいとう(正:なまものかいとう)
「電子レンジに書いてあったのを読んで……彼氏にバカにされました」(28歳/女性)

何かちょっと怖いのでやめてほしいです。

■松明→まつあけ(正:たいまつ)
「陸上の松野明美選手の略語だと思ってた。まつあけ……」(32歳/男性)

間違い方が斬新すぎます。

■為替→ためがえ(正:かわせ)
「郵便局員に失笑されました」(28歳/女性)

笑われずにことが進んでもそれはそれで恥ずかしそうです。

■直火焼き→ちょっかやき(正:じかびやき)
「社会人になってから気付きました」(28歳/女性)

めちゃくちゃ熱そうです。

■破綻→はじょう(正:はたん)
「カッコつけて後輩に説明していたので、後輩から指摘されたときは本当に恥ずかしかったです」(43歳/男性)

後輩さんとの関係が破綻しなかったことを祈ります。

間違えて覚えたままの漢字というのはある意味、自分の中に抱えた爆弾のようなもの。どこにあるのか分からないですが、できることなら爆発する前に撤去しておきたいです……。さて、皆さんは漢字の読み方を間違えて覚えていた経験、ありますか?

(根岸達朗/プレスラボ)

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    スカウト転職する
    スカウト転職する

    企業からアプローチのメッセージが届きます。

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報