マイナビニュース | 経営・ビジネス | レポート(1ページ目)

ヘッドライン

2017年11月24日(金)

ロボット活躍の場は広がるか? SBロボティクスが新たな取り組み

ソフトバンクロボティクスは、同社のコミュニケーションロボット「Pepper」を使った新たな取り組みや、米Brain Corporationの清掃ロボットなどについて発表した。その内容とは?

[14:01 11/24]  

auのホームIoT、月額490円は妥当か

KDDIは11月21日、同社のホームIoTサービス「au HOME」を拡充した。スマートスピーカーの市場投入により、一気に身近になったホームIoTだが、キャリアがサービスを提供する狙いはどこにあるのだろうか。

[13:25 11/24]  

2017年11月23日(木)

世界第2位も日本では苦戦? 体制変更でバーガーキングは浮上できるか

10月中旬、バーガーキングの日本における運営権を香港の投資会社が取得した。世界第2位の店舗数を誇りながら、日本では苦戦を強いられてきたバーガーキングだが、夢の再建は可能なのだろうか。

[09:00 11/23]  

2017年11月22日(水)

小田急ロマンスカーが新宿・小田原間を59分で走り抜く意味

2017年11月1日に行われた記者会見において、小田急電鉄は2018年3月(期日未定)に実施するダイヤ改正の詳細を発表した。代々木上原・登戸間の複々線化工事が全面的に完成し、現時点では複線のまま残っている下北沢駅付近のネックが解消されることによって、大幅な輸送力増強が実現する大規模な改正だ。

[08:00 11/22]  

コーポレートガバナンス・コードってなんですか?

「コーポレートガバナンス・コード」をご存知だろうか。上場企業が守るべき行動規範のことで、日本は先進国でも後発、2015年に東京証券取引所が取りまとめた。

[08:00 11/22]  

日本通信が加速する「ソフトバンクMVNO」の狙いとは

日本通信がソフトバンク網を利用したMVNO事業を加速している。11月2日に発売した「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」は、音声通話対応で月額990円からという「格安」を実現した。

[06:00 11/22]  

2017年11月21日(火)

日立が目指す「Amazon、Googleと競合しない」プラットフォーム

東芝が白物家電を中国家電メーカーのマイディアグループに売却したのは2016年の話だが、それに続いて今度はテレビ事業を、同じく中国メーカーのハイセンスに売却すると決めた。経営危機に陥ったシャープは昨年来、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で再建に勤しむなど、ここ数年、日本の家電メーカーを取り巻く環境は厳しい。

[12:14 11/21]  

電気自動車は普通のクルマになったか、新型「リーフ」試乗で検証する

日産担当者が「ガソリンエンジン車などと同じ条件で勝負できるようになった」と語る電気自動車の新型「リーフ」。10月2日の発売以来、これまでに約9,500台の受注と出足は好調だが、その進化はどれほどのものなのか。試乗して確かめた。

[07:30 11/21]  

2017年11月20日(月)

今度こそ女性客は振り向く? 吉野家が新型店舗で挑む長年の課題

今年も「牛すき鍋膳」を発売した吉野家。定番商品の登場で集客に弾みがつきそうだが、気になる点もある。それは、同社が不得手とする女性客をどのように獲得するかだ。女性客に訴求すべく、吉野家は新型店舗を展開するなど手を打っている。

[07:30 11/20]  

2017年11月18日(土)

MVNOの契約数伸び悩みを巡る 携帯大手3社と総務省の思惑

大手キャリアから顧客を奪って契約を急拡大させてきたMVNOだが、ここ最近その伸びに急ブレーキがかかっている。主な理由はキャリアがMVNOへの流出を防止する策を大幅に強化したからなのだが、現在のMVNOを巡る3キャリアと、MVNOを推進してきた総務省の思惑、そして今後について考察してみよう。

[07:00 11/18]  

iPhone Xが対応した「ワイヤレス充電」は本格普及するか

iPhone XとiPhone 8が対応した新機能のひとつに「ワイヤレス充電」がある。無接点充電の標準規格「Qi」に対応した充電パッドがあれば、充電のたびにケーブルを抜き差しする必要がなくなる便利な機能だ。

[07:00 11/18]  

グーグルの渋谷移転で変わる「IT企業勢力図」

Googleの日本法人が2019年5月、「渋谷ストリーム」に移転する。米Alphabetと米GoogleでCFO(最高財務責任者)を務めるRuth Porat氏が11月17日、渋谷のセルリアンタワーホテルで明らかにした。

[07:00 11/18]  

2017年11月17日(金)

業績は最高でも電動化が心配? スズキがインド向けEVでトヨタと協力

2017年度の中間決算で過去最高の業績を叩き出したスズキだが、得意とするインド市場で進むクルマの電動化は心配の種だ。そんな中、スズキはトヨタと共同で、インド市場向け電気自動車(EV)を投入すべく検討を開始すると発表した。

[19:22 11/17]  

日本初の大規模「ナッジ」! 環境省とエネルギー5社が実証事業を開始

2017年11月6日から17日まで、南太平洋の島国フィジーを議長国として、国連気候変動会議「COP23」が開催された。パリ協定のルール作りを焦点に、いかにCO2排出を抑えるか、参加国の姿勢が試される場となった。

[16:26 11/17]  

キットカットと東京ばな奈、二大ブランドが挑む5,700億円ギフト市場

キットカットと東京ばな奈のコラボで新しい東京土産が発売となった。土産菓子はインバウンドなどの影響もあり、今後は1,000億円以上の成長が予想される市場。それぞれの分野でトップを走る両者にインタビューし、共闘の狙いを聞いた。

[10:00 11/17]  

2017年11月16日(木)

ソニーモバイルとシャープの携帯電話シェア順位が激変した理由

今年も国内の携帯電話市場に大きな変化が起きた。MM総研が15日に発表した「2017年度上期国内携帯電話端末出荷概況」でメーカー別出荷台数を見ると、昨年に続き順位が激変しているのだ。

[19:02 11/16]  

「XT5」は日本にぴったり? 流行のSUVにキャデラックという選択肢

近年、世界的に人気を高めているSUV。ジープ的な4輪駆動車の逞しさを残しつつ、日常生活でも利用できるクルマとして日本でも見かける機会が多い。人気なだけに車種も豊富だが、このほど新たな選択肢として登場したのがキャデラック「XT5」だ。

[07:30 11/16]  

"ちょい乗り自転車"をもっと日常に! ドコモ・バイクシェア 全国2万台の理想

東京都心部を歩くと、赤い自転車を見かけることが増えた。実は今、都心部において自転車を気軽にレンタルできるシェアバイクの利用が急増している。運営元のドコモ・バイクシェアに聞くと、新たな移動手段として"自転車"への期待が高まる。

[06:30 11/16]  

2017年11月15日(水)

格安通信に異変、MVNOは成長ペースが予測より鈍化している

格安通信サービスを提供するMVNOに異変が起きている。成長の鈍化が指摘され始めているのだ。MM総研が15日に発表した「2017年度上期国内携帯電話端末出荷概況」も同様の傾向を示すものだった。

[16:54 11/15]  

法律相談だけじゃない、弁護士ドットコムが切り込む「フィンテック」

大量の書類を扱う法律分野においては、ITをはじめとするテクノロジーを活用することで大幅な業務効率化が期待できる。そこで近年、法律全般に関するテクノロジー「リーガルテック」が注目を集めている。

[12:40 11/15]  

冬の定番をめぐる外食界の攻防、吉野家が「牛すき鍋膳」で今年も参戦

11月1日より全国発売が始まった吉野家の「牛すき鍋膳」。発売から5年を経て、冬の定番商品として認知されつつある「鍋」を通じて、吉野家の販売戦略を見通してみたい。

[11:30 11/15]  

「フルMVNO」はMVNOビジネスをどのように変えるか

MVNO大手のインターネットイニシアティブ(IIJ)が、来春の提供に向けて取り組んでいる「フルMVNO」。加入者管理機能を持ち、自身でSIMを発行できるようになることで、さまざまなメリットが生まれるというが、一方で「IIJmio」などの個人向けサービスにはほとんど影響を与えないとも言及している。なのであれば一体なぜ、IIJはフルMVNOに力を入れているのだろうか。

[10:48 11/15]  

2017年11月14日(火)

ソフトバンクが米Uberへの出資にコメント、今なお条件次第

ソフトバンクグループは14日、米ライドシェアサービスを展開するUberへの出資に関する今後のプロセスについて基本合意をしているものの、同社への出資は検討中であり、最終合意には達していないとの声明を公表した。

[14:55 11/14]  

魚価高騰に悩む回転寿司、スシローが打った手とは?

あきんどスシローは、事業戦略発表会を実施し、日本国内の旬の天然魚を日本中のスシローで提供する「地元の旬の天然もの!スシロー×羽田市場」プロジェクトを発表した。魚価高騰に苦しむ回転寿司業界だが、割高で漁獲量も安定しない国内の天然魚を扱うメリットはどこにあるのだろうか。

[12:09 11/14]  

人口減にあえぐ地方自治体の手本になるか! 高知県・日高村の取り組み

人口減少により、税収が減少している地方自治体。多くの自治体がこの悩みを抱えている。そんななか、東京でイベントを開催し、知名度アップによる税収増、観光客呼び込み、定住者の確保を狙っている村がある。高知県・高岡郡日高村だ。

[08:00 11/14]  

2017年11月13日(月)

楽天はMVNOの買収を続けるか

楽天がプラスワン・マーケティングのMVNO事業を買収したことは記憶に新しいが、次のターゲットはあるのだろうか。楽天が13日に開催した決算説明会で三木谷浩史会長兼社長が見解を示した。

[20:48 11/13]  

スシローがスイーツに本腰、「スシローCafe部」を立ち上げたワケ

あきんどスシローは13日、事業戦略発表会を実施し、スイーツ分野の強化を目指した新たな取り組み「スシローCafe部」を発表した。回転寿司がスイーツに注力する狙いはどこにあるのか。

[19:07 11/13]  

ダイハツ「ハイゼット カーゴ」がマイナーチェンジ、改良の目玉は?

ダイハツ工業は軽商用車「ハイゼット カーゴ」をマイナーチェンジして発売した。「フルモデルチェンジに近い」(ダイハツの松林専務)という今回の改良だが、目玉は衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」の採用だ。

[18:22 11/13]  

将来性バツグンもまだ未熟、スマートスピーカーの「落とし穴」

スマートスピーカーの本命とも言える「Amazon Echo」がついに日本に上陸した。Amazon Echoという主役が登場したことで、日本でもスマートスピーカー市場が盛り上がりそうな気配があるが、一方で、普及する上で見逃されている「落とし穴」も存在する。

[15:43 11/13]  

2017年11月11日(土)

爆発的に売れたiPhone X、ライバルと比べた優位性とは?

11月3日に発売された「iPhone X」は、アップル表参道店に550人が並ぶなど発売初日から大いに盛り上がりを見せた。これまで筆者はGalaxy Note8やMate 10 ProをiPhone Xと比較してきたが、果たしてiPhone Xはライバルにどうやって差を付けたのだろうか。

[12:38 11/11]  

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事