【レポート】

スシローがスイーツに本腰、「スシローCafe部」を立ち上げたワケ

1 スイーツ新作の実力は?

  • <<
  • <

1/2

あきんどスシローは13日、第34期事業戦略発表会を実施し、その中でスイーツ分野の強化を目指した新たな取り組み「スシローCafe部」を発表した。回転寿司がスイーツ分野に注力する、その狙いはどこにあるのだろうか。

スイーツ新作はグラニースミス監修のアップルパイ

これまでスシローでは、2016年11月に東京・代官山の人気店「VERY FANCY」監修の「苺のふわとろパンケーキ」(280円・税別)を、2017年5月にはゼットンが展開するハワイアンカフェ&ダイニング「ALOHA TABLE」監修の「ハワイアン・フレンチトースト」を販売。また有楽製菓とのコラボ「ブラックサンダーパフェ」や、不二家とコラボした「ミルキーロール」といった、お菓子業界とのコラボ商品も販売したことがある。

過去の監修商品はいずれも東京都内の人気店が監修し、SNSなどで大きな話題になった

今回は、東京・横浜に4店舗を展開する「グラニー・スミス」の監修によるアップルパイが新商品として発表された。グラニー・スミスのアップルパイは「おばあちゃんの作るアップルパイ」をコンセプトに展開するアップルパイ専門店で、素材からこだわった味には高い評価が集まっている。スシローとスイーツ人気店の監修商品としては3番目となる。

サンドウィッチ店やイタリアンレストランなどを展開するファンゴーのアップルパイ専門店が「グラニー・スミス」。近年ブログやSNSを中心に高い評価を得ている

試食会が行われていたので早速食べてみたが、中のリンゴの爽やかな酸味とカスタードクリームの甘みのバランスが非常によく、パイ生地にかけられたクランブルの小気味良いサクサク感も口を喜ばせてくれる。

グラニー・スミスで言えば「ダッチ・クランブル」と「イングランドカスタード」の中間のような感じだろうか。添えられたアイスクリームとの相性も抜群で、端的に言って非常にレベルが高いスイーツだと感じられた。強いて粗探しをすれば、もう一回り大きいと最高なのだが、値段を考えたら欲張りすぎというものだろう(物足りなければ2皿食べればいいのだ)。

やや小ぶりのカットされたアップルパイに、キャラメルソースのかかったバニラアイスが添えられたスシローの「アップルパイ」280円(税別)

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) スイーツ新作の実力は?
(2) 「スシローCafe部」をつくったワケ
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事