【レポート】

爆発的に売れたiPhone X、ライバルと比べた優位性とは?

1 iPhone Xの売れ行き

  • <<
  • <

1/2

11月3日に発売された「iPhone X」は、アップル表参道店に550人が並ぶなど発売初日から大いに盛り上がりを見せた。

これまで筆者はGalaxy Note8Mate 10 ProをiPhone Xと比較してきたが、果たしてiPhone Xはライバルにどうやって差をつけたのだろうか。

爆発的に売れた「iPhone X」

蓋を開けてみれば爆発的に売れたiPhone X

当初、iPhone Xは生産台数が極端に少ないとみられ、ホームボタンや指紋センサーを廃止したデザインは時代を先取りしすぎた感があったことから、「Xを見てから8を買う人が多いのではないか」と予想されていた。

左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus

だが、蓋を開けてみるとiPhone Xの売れ行きは爆発的だった。ソフトバンクは11月6日の決算会見では、代表の孫正義氏が「一瞬で売り切れた。もっとたくさん供給してほしい」と訴え、社長の宮内謙氏も「iPhone 8の倍くらいの勢いで、供給が追いついていない状況」と嬉しい悲鳴を上げた。

海外での状況はどうだろうか。台湾の調査会社TrendForceが発表したレポートでは、2017年第4四半期にアップルはサムスンを抜いて出荷台数シェアで1位になり、iPhoneシリーズの予想生産台数は8100万台で、うち33%をiPhone Xが占めると予測している。

スマホ市場で1位を守ってきたサムスン、3位のファーウェイともに勢いは衰えていないが、人気の中心は低価格端末が占めており高価格帯ではiPhone Xの圧倒的な強さが際立っている。

それもそのはず、iPhone Xの質感は圧倒的だ。特にシルバーモデルの磨き上げられたステンレスは高級感があり、作り込みも細部まで隙がない。Apple Watchのステンレスモデルと合わせたくなるデザインだ。

iPhone Xのシルバーモデル。ステンレスの質感は高い

これまで日本で人気だったのは標準の4.7インチモデルだが、iPhone Xはそれよりわずかに大きい程度のサイズに、鮮やかな有機ELディスプレイやデュアルカメラを詰め込んだ。小型で高性能という点は日本人好みでもある。

ホームボタンがなくなったことは賛否両論あるものの、本体下部のスワイプ操作でうまく解決している。滑らかで快適な操作感はそのままに、画面を本体いっぱいまで広げてきた。本体価格の高さだけは悩みどころだが、マニアだけでなく、新しもの好きな人全般にすすめられる仕上がりだ。

ホームボタンの代わりに画面最下部をスワイプしてアプリを切り替える

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) iPhone Xの売れ行き
(2) Face IDの精度
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事