【レポート】

「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」をアイドル担当が取材! 谷間の天使に双子美女レイヤーも発見

都内・池袋東口エリアを中心とした「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」が28・29日の2日間にわたって開催され、雨天のなかコスプレイヤー1万4千人・イベント来場者8万人が参加した。今年はイベント史上初めて悪天候に見舞われたが、近隣協力店舗を含め、池袋東口エリアを中心に個性的なコスプレイヤーたちが街を彩った。

今回も「東京ゲームショウ2017」に引き続きアイドル担当編集が現場取材を敢行。初日の28日午前中は曇りでなんとか外でも取材ができたものの、夕方には雨脚が一気に強まり屋外の参加者はまばらに。2日目はサンシャインシティのイベントホールの一つが撮影用に開放され、"街ぐるみのコスプレイベント"という趣旨とはやや異なる結果となったが、熱い盛り上がりを見せていた。

人気を集めていたコスプレイヤーさんに話を聞いてみると、普段は歌手やアイドルとして活動しているという人も少なくない。コスプレとコスプレイベントが、個人の発信やPRのツールとして大きな役割を果たしており、皆それを自覚的に使いこなしていることが興味深かった。

それでは、会場で見つけた思わず"グッときて"しまった美人レイヤーさんたちを紹介していく。

ホール入り口で注目を集めていたバニーガール美女は、グラビアポーズもバッチリ。慈悲深い笑顔と抜群のスタイルで、その撮影列には外国人観光客の姿も。ワールドワイドな人気ぶりだった。

コラボカフェのオープンが発表された高橋留美子氏のコミック『らんま1/2』のシャンプーに扮していたのは、ねぎさん(@negicos)。雨が強まるギリギリまで撮影に対応していた。『FFXIV』ミコッテのソフィーさん(@PeachMilky■、■はアンダーバー、以下同)の完成度も圧倒的で周囲の目を引いていた。

「ポケモン」のプラスルとマイナンのコスプレで参加していた雪野ななさん(@yukinana■uzura)と雪野るなさん(@yukiruna■hotaru)はなんと双子。息の合ったポージングで、男女ともに人気を集めていた。『攻殻機動隊』草薙素子のゆかにゅんさん(@yukanekonyun)は、りりしいキャラクターのイメージそのままに、クールな目線で魅了。

さつま芋さん(@po■te■to22)のキュートな『カードキャプターさくら』さくらは、女性コスプレイヤーも思わず「かわいい!」と並ぶ人気ぶり。Hoiさん(@Zzz■oOp)の黒メイドはハロウィンらしいスパイスの効いた甘くないビジュアルが個性を際立たせていた。

ポリスで参戦の桐生あかりさん(@a■256384)は、遠目で見てもわかるスタイルのよさで、終始撮影列が途切れていなかった。終盤になるとホール入り口付近は混雑していたが、オリジナルバニーの忍野しおさん(@sio■0440)がひと際目を引いた。

『シュガシュガルーン』ショコラ・メイユールに扮したあんず(@anzu■uw)さんは女子人気も高く、一緒に撮影をお願いされる場面も。キズナアイの三橋しえるさん(@ciel■itumonemui)は、おなじみの寄り目ポーズも披露してくれた。

『ファイナルファンタジーVIII』リノアの彩菓めぐみさん(@damedamegumi)とハロウィンメイドの日高みずきさん(@TTP■mizuki1130)はガールズユニットTriple tiara project(@infoTTP)のメンバーとしても活躍中。オリジナルで参加のヒカべべさん(@yeb■mssk■cos■es)も雨の中列が途切れず、ギリギリまで撮影に応じてくれた。

初日には「池ハロコスプレパレード」が行われ、大人数の"合わせ"も。高い完成度の『マクロスΔ』が注目を集めていた。中池袋公園のふくろう像もこの日はミクふくろうになって参加者たちを見守っていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事