【ハウツー】

音量MAXのはずなのに、通話相手の声が小さいです!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『音量MAXのはずなのに、通話相手の声が小さいです!?』という質問に答えます。

***

音量を最大限上げているはずなのに、音声通話が始まると内蔵スピーカーから聞こえてくる声が小さいのはなぜか、というご質問ですね? それは、iPhoneの音量が「着信(呼び出し音)または通知」と「アプリ」の2つにわけて管理されるからです。どちらの音量を切り替えるかは、ボリューム調整時の状態によって決定されます。

ややこしいので、話を単純化しましょう。音声通話時の相手の声のボリュームを上げたい、しかし最大まで上げてもどうにもならない、原因はどこにありどうすれば解決できるか……

それはおそらく、音量を上げるタイミングが間違っているからです。音声通話中ではなく、通話前に音量を上げているのではないでしょうか? iPhoneの場合、最初に挙げた「着信または通知」と「アプリ」の音量は別々に管理/設定されるので、前者の音量は最大でも後者の音量は小さいままだと考えられます。

どちらの音量を調整しているかは、画面を見ればわかります。側面にある上下の音量ボタンを押したとき、画面中央にグレー下地にベルが表示されれば「着信または通知」、同じくグレーの下地にスピーカーが表示されれば「アプリ」です。音量ボタンを待ち受け時に押せば前者が、通話時に押せば後者が表示されるはずです。なお、電話アプリの音量は他のアプリとは別に記録されます。

というわけで、通話中に相手の声が小さいと感じたときには、その場で音量調整ボタンを押しましょう。音量の情報は記録されますから、次回も同じ音量で通話できます。通話終了後に次回の通話に備えようと音量ボタンを押しても、着信音の音量が変化するだけです。

相手の声が小さい/大きいと感じる場合は、通話中に音量ボタンを押して調整しましょう

人気記事

一覧

新着記事