【レポート】

浅田真央が仏モデルとルーブル2人旅、いしだ壱成が"7つの掟"で離婚 - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5

ワイドショー、週刊誌、スポーツ新聞などで報道された芸能ニュースをコラムニストの木村隆志が、「芸能界のしがらみ無視」で厳選紹介! 芸能人の熱愛・破局・スキャンダル・事件……これさえ見れば、一週間の芸能ニュースをサクッとつかめる。

■5位:スピードワゴン・小沢一敬が西内まりや似美女と誕生日の夜を過ごす

スピードワゴンの小沢一敬

『FRIDAY』がスピードワゴン・小沢一敬(44)の「あま~い」一夜を報じた。

10月10日20時、小沢がチュートリアル・徳井義実(42)、放送作家と住む一軒家から姿を現した。隣にはタイトなミニスカートが似合う西内まりや似の20代半ばOL。2人でタクシーに乗り込んで六本木のパーティールームへ向かい、小沢の誕生日会がはじまった。

小沢は友人たち約30人に女性を紹介した一方、「つき合ってはいない」「今、恋に臆病になっているから」と語ったらしい。ネタなのかホンネなのか……。

誕生日会がお開きになった深夜2時半、プレゼントを抱えた小沢は女性とともに、タクシーで自宅へ。同居している徳井が帰らなかったのは、気づかって2人きりにしてあげたのだろう。

キザすぎる恋愛ネタが十八番の小沢だが、この日の行動はそれが必ずしもネタでないことが証明された。ただ、誕生日に女性と2人で歩き、自宅に入ったら、撮られることくらいわかっていたのではないか。本当に恋の一歩手前だとしたら、何ともナイーブな44歳である。

■4位:田原俊彦、真っ赤なポルシェで美女とデート。手つなぎ写真も

田原俊彦

『FRIDAY』が田原俊彦(56)と20代美女とのデートを報じた。掲載されたのは、「さすがビッグなトシちゃん!」と言いたくなる写真。排気量3800㏄、最高速度330キロの真っ赤なポルシェで、フジテレビ・三田友梨佳アナ似の美女をエスコートする姿はイメージそのままだ。

場所は西麻布の高級イタリアン。23時から24時半過ぎまで食事を楽しんだあと、再び美女をポルシェに乗せて帰っていったという。トシちゃんは既婚者だけに「不倫か?」と思わせたが、美女の右脚はケガなのかギプスが巻かれていた。同誌には手をつないでいる写真が2枚掲載されていたが、「彼女のサポートをしていただけ」という言い訳が通用するだろうか。

所属事務所は、「たくさんいる、友人の一人です」とコメント。しかし、同誌は2年半前に、トシちゃんと28歳年下タレントのカフェ&ホテル密会も報じている。決定的な写真がないのは確かだけに、トシちゃんこそ白でも黒でもない“オフホワイト”なのかもしれない。

■3位:真木よう子が元夫に8歳長女を預けて、新恋人とのデート三昧!?

真木よう子

主演ドラマの不振、ツイッターでの土下座PR、クラウドファンディングとコミケ参加への批判、撮影ドタキャン……『女性自身』がこのところトラブルが続く真木よう子(35)の新たな騒動を報じた。

同誌は「真木には半年くらい前からつき合っている新恋人がいる」「その男性はいくつもの飲食店を経営しているイケメン実業家」と報じた。騒動続きで憔悴した真木を男性が励まし続けてきたというのだ。9月中旬の夜、2人は男性の経営する店で会い、2時間ほど過ごした。さらに9月下旬のある日も、真木はこの男性と会っていたという。

真木は2008年11月に、元俳優の片山怜雄(35)と結婚。2009年5月には長女(8)が誕生したものの、2015年9月に離婚している。しかし親権を持つ娘は、このところ真木の家からではなく、元夫の家から学校に通っているという。「育児放棄では?」なんて声も聞こえてくるが、むしろ元夫や子どもといい関係が築けているからこそ、夜の外出ができるのかもしれない。

10月13日、同誌の記者に直撃された男性は、「今年1月からおつき合いしていましたが、6月に別れてしまったんです。別れてからもいろいろな相談に乗っているだけですよ」とコメントした。この話が本当なら、真木が一連の騒動で不安定な言動を見せていた理由もうなずけるし、今が一番寂しいときなのかもしれない。

男性との距離が近いのは確かだが、同誌には「20代女性をお持ち帰りした」とも書かれていただけに、復縁の可能性はゼロに近いのではないか。

■2位:いしだ壱成が二度目の離婚。妻を悩ませた「7つのルーティーン」

いしだ壱成(42)が自身のブログで離婚を発表。「2度目の結婚でしたが、すべて私の至らぬところ、不徳の致すところが原因です」と力なくつづった。いしだは2003年に結婚したが、2006年に離婚。その後2014年に11歳年下の女性と再婚したが、今年8月に離婚届を提出したという。

驚かされるのが離婚の理由。いしだは妻に毎日の“ルーティーン”として、「毎朝コップ1杯の水を用意する」「白湯を飲ませる」「シャワー中にバスタオル、洋服を準備する」「サラダに7種類のドレッシングを用意する」「帰宅時に45℃のお風呂を準備する」「風呂に入っている間に洋服を洗濯機に、カバンを部屋に運ぶ」「カバンからその日の領収書を取り出し、精算しておく」ことを要求していたというのだ。

さらに、準備ができていないと、「ふざけんな、オラァ!」とキレていたというから、妻はさぞ恐ろしかっただろう。いしだは反省の色を見せつつも、「やってもらうのが快感でした」というからタチが悪い。しかも、「最初の妻も過度な亭主関白が原因で別れた」「二股交際が発覚し、父・石田純一が謝罪に追われた」などの過去もあるのだから、世間の風当たりが強くなるのは当然だ。

これほどの無理を強いていたにも関わらず慰謝料はゼロ。そこに「とにかく別れたい」という妻の強い意志を感じる。

■1位:浅田真央に初ロマンス! フランス人モデルとルーブル美術館2人旅

浅田真央

『FLASH』が浅田真央(27)の初ロマンスを報じ、すぐに『女性セブン』などが続いた。真央の相手男性は、フランス人モデル、ロマ・トニオロ(27)。甘いマスクと美しい金髪、身長186㎝のスリムな体形に加え、元フィギュアスケート選手だけに、話が合うのだろう。

『FLASH』が報じたのは、ルーブル美術館でのデート姿。ロマが真央の肩に手を回している姿など、複数の写真が掲載されている。両者の所属事務所は「お友だち」と口をそろえたが、パリは2人で旅するにしては遠くロマンチックすぎる。

ロマは2013年に旅行で日本を訪れて以来、親日家になり、一昨年に移住を決意。もともと真央の大ファンで、今年1月に名古屋で行われたイベントでLINEを交換したという。真央は引退してなお国民的人気だけに、日本人ではなかなか釣り合う男性がいない。一方、ロマはイケメンで話が合い、さらに「日本語を猛勉強中」だけに、恋心が加速する可能性もあるだろう。

ただ、「ルーブル美術館で密着デート 浅田真央の純潔を奪ったフランス男」の見出しはどうかと思ってしまった。27歳にもなってこんな書かれ方をした真央の心中やいかに。

□おまけの1本「阿部寛が審美歯科でまさかの値引き交渉。『治療費は半額で』」

阿部寛

『女性自身』の見出しに笑ってしまった。そのフレーズは、「大人気俳優が秘めていた『意外すぎる金銭感覚』阿部寛 歯科矯正で審美歯科に強引要求『治療費は半額で!』」。

阿部寛(53)は歯並びの治療で、都内にある芸能人御用達のクリニックに通っていた。しかし、「治療費が高すぎる」と感じた阿部は、保険適用外の治療を「保険適用にできるはずだ」「半額にしてほしい」と値切り交渉したという。驚くのは交渉の結果、見事半額になったこと。しかし、来年公開の映画4本が控えるなど、超売れっ子の阿部がなぜそこまでお金にこだわるのか。

同誌はその理由を「バブル崩壊で不動産投資に失敗し、数億円の借金を負った過去があるから」「20年かかって完済したが、どん底を味わったから金銭感覚はいまだにシビア」と指摘。さらに、阿部は値切りだけでなく、「歯科医に娘の相談で長電話をかけ、治療を中断させた」という。これを「子ぼんのう」とみるか、「バカ親」とみるか。そもそもこの記事は本当なのか……。もし本当なら、大きな体の割に行動は小さい。

■著者プロフィール
木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ解説者、タレントインタビュアー。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超える重度のウォッチャーであり、雑誌やウェブに毎月20~30本のコラムを執筆するほか、業界通として各メディアに出演&情報提供。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、著書は『トップ・インタビュアーの聴き技84』など。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事