【レポート】

橋本環奈がリミッターを外し、コメディ作品引っ張る実力派女優に - 監督は語る

映画監督に、出演役者の印象を伺っていく「監督は語る」シリーズ。今回は『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)に出演する橋本環奈(18)について、福田雄一監督に話を聞いていく。橋本は2013年に撮影された1枚の写真から瞬く間に全国に名を響かせ、数々のCMやテレビ番組に出演するようになる。

映画作品では、大ヒット作『暗殺教室』(15)、『暗殺教室~卒業編~』(16)に出演したほか、『セーラー服と機関銃-卒業-』(16)で初主演を飾り、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞に選出され、2017年は福田監督がメガホンを取った『銀魂』も大ヒット。『斉木楠雄のΨ難』では、自分のことを美少女だと自覚し、学校一のアイドルでありながら、斉木(山崎賢人)に惹かれ、あの手この手で斉木の気を惹こうとする女子高生・照橋心美を演じる。

■福田雄一監督
1968年生まれ。栃木県出身。90年に旗揚げした劇団ブラボーカンパニーで座長を務め、全作品の構成・演出を担当。舞台を手掛ける傍ら、フリーの放送作家として『笑っていいとも!』(82~14)、『SMAP×SMAP』(96~16)、『いきなり!黄金伝説。』(98~16)など人気バラエティ番組の構成を手掛ける。09年には『大洗にも星はふるなり』で映画監督デビュー。深夜のコメディドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ(11~16)の大ヒットで人気を不動のものとした。その他、主な作品に『HK/変態仮面』シリーズ(13・16)、『スーパーサラリーマン左江内氏』(17)、『銀魂』(17)など。今後は、山田孝之がプロデュースを務める「聖おにいさん」の実写版ドラマなどが控える。

橋本環奈の印象

もう、観ていただければわかる通り、非常に面白いですよね。この作品も、彼女に引っ張って行ってもらっているところは大きいです。今だから言いますけど、嫁から「照橋心美を橋本環奈が演じないなら、実写化する必要がない」とまで言われて、すごく焦りましたもんね(笑)。あんな可愛い子にあんな顔をさせるのは忍びなかったけど、頑張りました。

橋本環奈

あれだけの美少女でありながら、作品を引っ張るだけの実力を持ち、コメディの素養もあるなんて、なかなかいない女優さんだと思います。俳優であれば誰しもリミットを持っていて、リミッターを外した時にどう転ぶかは、ある程度素養が必要なんです。橋本環奈ちゃんは、本当に大物ですよ。撮影しながら、僕をこんなに笑わせてくれるのは、指原莉乃以来だと思いました。

撮影現場での様子

前作『銀魂』の神楽役でも、「あの橋本環奈がここまで」と話題になっていましたが、神楽を演じている時から、「『斉木楠雄』はこんなもんじゃないよ」と宣言していました。「照橋心美は、神楽をはるかに超えるキャラクターだから、だいぶすごい感じになっちゃうけど、大丈夫?」と話していたんだけど、初日から完璧でした。

撮影中は主演の山崎くんとよく焼肉に行っていましたが、環奈ちゃんとも一緒にお寿司を食べに行ったりしました。本当に美少女ですけど、すごくフランクに接してくれるから、プロデューサーに驚かれたくらい(笑)。たまに見せてくれるお茶目な表情も、ぜひみなさんにお裾分けしてあげたいですね。

映画『斉木楠雄のΨ難』でのおすすめシーン

1番好きなのはお化け屋敷前のシーンですね。今から、斉木とお化け屋敷にはいるぞ、というところで、照橋さんが「はいここから8おっふ~! からの真顔!?」と、橋本環奈ちゃんが表情をどんどん変えながら妄想とツッコミを繰り返す数分間の流れは、映画史上に残るんじゃないでしょうか。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事