【レポート】

「圧倒的、使用感。」で切削作業を効率化する三菱マテリアル - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、三菱マテリアルは、溝入れ突切りバイト「GWシリーズ」や、高硬度鋼加工用エンドミル「IMPACT MIRACLE シリーズ」などの展示を行っている。

「圧倒的、使用感。」とうたわれたGWシリーズは、クランプ機構という構造で作製されており、インサートが抜けにくくなっているほか、ワンアクションでのインサートの着脱を実現する。また、板バイトは、すくい面と逃げ面の両側から同時に給油することができ、効果的に切れ刃を冷却できるため、耐摩耗性が向上する。耐圧は最大7MPaで、通常の油圧にも、高圧クーラントにも対応可能だ。

「GW Series」

ワンアクションで、インサートの着脱ができる

一方のIMPACT MIRACLE シリーズは、高硬度鋼加工用エンドミルに、耐酸化性と潤滑性に優れる (Al、Cr、Si、N)系コーティングと耐摩耗性と高密着性に優れる(Al、Ti、Si)コーティングを組み合わせた、高硬度鋼加工で優れた耐摩耗性を発揮する新コーティングを用いたもの。会場のモニターでは、同シリーズの「VFR2SBF(被削材:プリハードン鋼)」を用いて、鏡面加工を行う様子を見ることができた。

削るだけでの鏡面加工を可能とする、高硬度鋼加工用エンドミル「VFR2SBF(被削材:プリハードン鋼)」

そのほか、ターニング加工用やドリル加工用の工具、航空機産業用工具、CFRP加工用工具などの展示も行われている。

展示ブースの様子

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事