【レポート】

ドコモ、2017-18年冬春モデル15機種まとめ - 異色の2画面スマホ「M」や「JOJO」、Daydream対応「V30+」など個性派集合

NTTドコモは18日、2017-2018年冬春新商品として、スマートフォン13機種、タブレット2機種の計15機種を発表した。10月26日から順次発売する。

2017-2018年冬春新モデルのトピックは、2画面を折りたたんで使うグローバルモデル「M」などバラエティ豊かな端末、docomo withラインナップの拡充、788Mbps通信対応機種の拡大など。また、Androidの最新バージョン8.0搭載機種が4機種用意されていることも特徴となる。まずは2017-18年冬春モデル15機種の端末画像と発売時期を紹介していこう。

スマートフォン

  • M Z-01K(2018年1月以降)
【関連記事】ドコモ、2画面搭載の折りたたみスマホ「M(エム)」を世界展開

M Z-01K

  • JOJO L-02K(2018年1月以降)
【関連記事】ドコモ、ジョジョ30周年記念の限定コラボスマートフォン「JOJO L-02K」

JOJO White

  • V30+ L-01K(2018年1月以降)
【関連記事】ドコモ、写真や動画向けの機能を大幅に強化したDaydream対応スマホ「V30+」

Cloud Silver

Aurora Black

  • Xperia XZ1 SO-01K(2017年11月中旬)
【関連記事】ドコモからXperia XZ1やXZ1 Compact登場、XZ Premiumの新色ロッソも

ブラック

ムーンリットブルー

ヴィーナスピンク

ウォームシルバー

  • Xperia XZ1 Compact SO-02K(2017年11月中旬)
【関連記事】ドコモからXperia XZ1やXZ1 Compact登場、XZ Premiumの新色ロッソも

ブラック

ホライズンブルー

トワイライトピンク

ホワイトシルバー

  • Xperia XZ Premium SO-04J 新色Rosso(2017年10月27日)
【関連記事】ドコモからXperia XZ1やXZ1 Compact登場、XZ Premiumの新色ロッソも

Xperia XZ Premium Rosso

  • Galaxy Note8 SC-01K(2017年10月26日)
【関連記事】ドコモから「Galaxy Note8」- 新規/機種変で7万円台後半

Midnight Black

Maple Gold

  • arrows NX F-01K(2017年12月上旬)
【関連記事】ドコモ、電源ボタンに操作センサーを埋め込んだ高機能スマホ「arrows NX」

Moss Green

Blue Black

Ivory White

  • Disney Mobile on docomo DM-01K(2018年1月以降)
【関連記事】「Disney Mobile」は90周年特別モデル、ミッキーのブラックカラー追加

ブラック

ピンク

ホワイト

  • MONO MO-01K(2017年12月上旬)
【関連記事】背面ロゴもなし! 超シンプルデザインになった高品質スマホ「MONO」

White

Gary Black

  • AQUOS sense SH-01K(2017年11月上旬)
【関連記事】ドコモ、フルHD IGZO搭載の定番モデル「AQUOS sense」を11月発売

Frost Lavender

Champagne Gold

Silky White

Velvet Black

  • らくらくスマートフォン me F-03K(2018年1月以降)
【関連記事】ドコモ、「らくらくスマートフォン me」がdocomo with対象機種に!

ブラック

ブルー

ゴールド

ピンク

  • Galaxy Feel SC-04J(2017年11月上旬)
【関連記事】ドコモ限定モデル「Galaxy Feel」に新色オーロラグリーン

Aurora Green

タブレット

  • dtab d-01K(2018年1月以降)

シルバー

ゴールド

  • arrows Tab F-02K(2018年1月以降)

ブラック

オフホワイト

ドコモの冬春モデルは、メイン・サブの2画面を搭載した異色のAndroidスマホ「M」のほか、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」対応の高性能スマホ「V30+」、グローバルで注目を集めるハイエンドスマホ「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」「Galaxy Note8」、背面ロゴも廃したシンプルデザインの2世代目「MONO」、V30+をベースに、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボレーションした「JOJO」など、一風変わったモデルが揃った。一方で正統進化を遂げている「arrows NX」や「AQUOS sense」「らくらくスマートフォン me」など、使いやすい新機種も揃えている。

通信速度も高速化し、新たに4つの周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーション(CA)により最大644Mbpsでの通信が可能となっている。4CA対応端末は、Xperia XZ1およびXZ1 Compact、Galaxy Note8、V30+、JOJOの5機種。2017年夏モデルでも、Xperia XZ PremiumおよびAQUOS Rが、OSアップデートで対応する。下り最大788Mbps通信に対応した端末も新たに4機種(Xperia XZ1、Galaxy Note8、V30+、JOJO)追加された。

月々の利用料金から毎月1,500円を割り引く「docomo with」料金プランの対象端末も、従来の2モデルに加え、「AQUOS Sense」や「MONO」、「Galaxy Feel」、「らくらくスマートフォン me」といった4モデルが追加される。

サービス面では、カーシェア・レンタカーサービスのプラットフォーム「dカーシェア」や、長期利用者向けdポイント還元施策などを展開。また、ユーザーの会話を理解し適切な応答をするAIエージェントも一部機能をローンチする。これはGoogleやAmazonが展開する音声アシスタントに近いサービスで、AIエージェント対応スピーカーも2018年1月以降に発売される予定だ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事