【レビュー】

もはや営業妨害レベル!? Amazon激安10.1インチタブレット「Fire HD 10」自腹レビュー

1 本当にストレスなく使えるのか

  • <<
  • <

1/5

10月11日、Amazonから10.1インチディスプレイを搭載したタブレット端末「Fire HD 10」が発売されました。最大の特徴はその価格。32GBモデルが18,980円、64GBモデルが22,980円ですが、Amazonプライム会員ならそれぞれ4,000円引きで購入可能です(いずれも税込)。

こんな激安価格でタブレット端末が発売されちゃったら、Amazonで販売されているすべてのタブレットが不良在庫になってしまうのではと本気で心配です。

とは言え15,000円を切る価格で購入可能な10.1インチタブレットが、本当にストレスなく使えるのでしょうか? 今回はちょっと疑心暗鬼な姿勢で「Fire HD 10」をレビューしましょう。

Amazon「Fire HD 10」は税込18,980円~。IT系ライターの筆者も消費者のひとり。お手頃価格な製品は大歓迎です

同梱品一覧。本体、ACアダプター、microUSBケーブル、クイックスタートガイド、「安全に関する情報」が同梱されています。ACアダプターの仕様は入力100-240V、出力5.2V/1.8A、容量9Wです

まずはスペックを手短にご紹介

CPUはMediaTekの「MT8173」(4コア、2.0GHz+1.3GH)、メモリ(RAM)は2GB、ストレージ(ROM)は32GBまたは64GBを搭載しています。microSDカードスロットが用意されており、最大256GBまでストレージを増量可能です。

OSは「Android 5.1.1」をカスタマイズした「Fire OS 5.4.1.0」を採用(※発売日の11日にFire OS 5.5.0.0の提供が開始されました)。Googleアカウントは登録できないので、Playストアからアプリをインストールしたり、Google製アプリを動作させられません。そのかわりAmazonが運営するアプリストアが用意されており、Evernote、Dropbox、ATOKなどの主要アプリケーションは利用可能です。

本体サイズは262×159×9.8mm、重量は500g。10.5インチのiPad Proが250.6×174.1×6.1mm/469~477gなので、「Fire HD 10」はiPad Proよりも幅が狭く、奥行きが広く、そして少し厚めということになります。重量差は23~31gなので、両手で持ち比べてみてもその差は気になりません。

本体前面。フロント上部にはインカメラ(最大640×480ドット)が搭載されています

本体背面。樹脂製バックパネルには梨地処理が施されており、いい意味でチープな質感。ケースをつけずにラフに使えます。アウトカメラは200万画素です(最大1,600×912ドット)

本体上面。以降の側面写真は上がディスプレイ面です。左から電源ボタン、microUSB端子、マイク、ヘッドフォンジャック、ボリュームボタンが配置されています

本体下面にはなにもありません

本体右側面。向かって右に見えるのがmicroSDカードスロットのカバーです

microSDカードスロットには最大256GBのメモリーカードを装着可能です

本体左側面にはステレオスピーカーが配置されています。横持ちしたときのみステレオスピーカーとして機能する割り切った仕様です

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 本当にストレスなく使えるのか
(2) ベンチスコアは最新iPadの1/4だけど
(3) 15,000円切りとは思えないディスプレイ
(4) 最大の不満は電子コミックのダウンロード速度
(5) 価格以上の価値あり、Amazonならではの高コスパタブレット
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事