【レポート】

iPhone 8のカメラ機能はiOS 11の画像フォーマットで真の実力を発揮する - 松村太郎のApple深読み・先読み

1 特に目立ったカメラ機能の向上

  • <<
  • <

1/6

Appleは9月22日にiPhone 8、iPhone 8 Plusを発売した。進化した機能の中で、多くのレビューでも触れられていたのが、カメラ性能の向上で、特に目立っていたのだ。

iPhone 8、iPhone 8 Plus、そしてiPhone Xで共通しているのは、新しい1,200万画素のカメラだ。センサーサイズの拡大、そしてディープピクセル、カラーフィルタの刷新、新しい光学手ぶれ補正など、新たな性能を備えている。色、ディテールなど描写にすぐれたカメラ機能は、背面に1レンズが一つだけのiPhone 8でも撮影の楽しさを実感できる。本体が軽いのも手伝って、より軽快にスナップが楽しめるはずだ。

また暗所撮影の強化と、フラッシュを利用したスローシンクロ撮影への対応など、一眼レフカメラなどで用いられているテクニックが使えるようになり、iPhone 1台で対応できる範囲が拡がった。夜景撮影は、個人的にはとても驚いた。

iPhone 8 Plusでは、ポートレートモードがベータ版から格上げされ、新たに「ポートレートライティング」という機能がベータ版として提供されるようになった。写真撮影時、撮影後に、照明効果を変更できる機能だ。

サンプル:iPhone 8 Plus Portrait Lighting

カメラ機能の充実は、iPhone 8シリーズの魅力となる以上に、現在スマートフォンがどのように使われているかを象徴するようでもある。今後Appleは拡張現実(AR)のアプリを後押ししていくが、カメラはARの分野でも、重要なインターフェイスになる。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) 特に目立ったカメラ機能の向上
(2) 新フォーマットの効用とは
(3) 新フォーマットの問題点
(4) ビデオを撮る人なら迷わず新フォーマット
(5) Live Photosの真価を発揮
(6) iPhone 8とiOS 11が織りなすカメラ体験

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事