【レビュー】

Intel Core i7-8700K/Core i5-8400レビュー - Coffee LakeはRyzenを突き放せるか

1 期待のCPUをいち早く検証

  • <<
  • <

1/28

既報の通り、米Intelは10月5日に"Coffee Lake"ベースのデスクトップ向けCore iシリーズ6製品の販売を開始した。ただし、日本国内の販売は遅れるようで「第4四半期中を予定」とアナウンスしている。今回、国内販売に先駆けて試用する機会に恵まれたので、早速レポートをお届けしたい。

製品の概要やポジショニングは発表時のニュースに詳しいが、製造プロセスを14nm++に刷新。最上位モデルをはじめとしてコア数とスレッド数が増えたほか、動作周波数の引き上げやオーバークロック性を高めることにより、性能を向上させたとしている。

早速テスト環境の紹介 - Core i7-8700KとCore i5-8400をテスト

今回試用できたのは、ハイエンドにあたる倍率アンロック仕様のIntel Core i7-8700Kと、ミドルレンジの倍率ロック品Intel Core i5-8400の2製品である(Photo01~02)。パッケージサイズは従来のLGA1151と同じ(Photo03~04)である。

Photo01:左がCore i7-8700K、右がCore i5-8400。どちらもES品となる

Photo02:裏面のコンデンサ類の配置は同じ

Photo03:Core i7-8700KとCore i7-7700K(右)を並べてみた。パッケージ寸法やヒートスプレッダの大きさなどもまったく同じに見える。しいていえば、基板上側(ヒートスプレッダのチョイ上)のコンタクトがCore i7-8700Kは10個並んでいるのが、Core i7-7700Kは6つというのが見かけで分かる違いである

Photo04:裏面のコンデンサの配置は大分変わっているほか、数はCore i7-8700K(左)の方が多いただコンタクトの数や配置は同じに見える

OSからはどちらもきちんと認識された(Photo05~10)。ちなみに内蔵するGPUはIntel UHD Graphics 630(Photo11と12)であるが、KabyLake世代のIntel HD Graphics 630との違いはark.intel.comによると、最大クロックが500MHz上がったのとOpenGL 4.5への対応などのようだ。

Photo05:Core i7-8700Kの情報をCPU-Zで表示。このキャプチャを取った際にはVer 1.81.0がまだダウンロードできず、Ver 1.80.2のままである。Core Voltageが1.392Vと表示されているあたりがおかしな点である。Max TDPは95Wとされる

Photo06:L2はコアあたり256KB、L3は合計9MBということで、Skylake-SP系列ではなくSkylake系列と分かる

Photo07:OSからはきちんと12Threadが認識されている

Photo08:Core i5-8400の情報をCPU-Zで表示。こちらはVersion 1.81.0で。Core Voltageはまともになった。ちなみにInstructionからTSX命令が省かれている

Photo09:キャッシュの構成はCore i7-8700Kと同じ

Photo10:こちらも正常に認識

Photo11:Intel UHD Graphics 630の文字はきちんと認識される

Photo12:Device IDがまだデータベースに登録されていないためか、GPU-Zでも詳細は表示されず

Kaby LakeとRyzenのハイエンドと比較

これと組み合わせるマザーボードであるが、今回はASUSよりROG STRIX Z370-F Gamingを利用した(Photo13~19)。

Photo13:パッケージは稼働中のLEDの光り方をイメージしたものになっている

Photo14:LEDが派手な分、マザーボードの地の色は恐ろしく地味。CPUと1本目のPCI Express x16レーンの間に1つ目のM.2スロットが配されている

Photo15:裏面も同系色。PCI Express x16スロットは、一番上だけがx16で、下の2つはx8接続

Photo16:CPUへの電源は10way構成の模様

Photo17:バックパネルは比較的控えめ。DVIが用意されているのは最近ではちょっと珍しくなってきた

Photo18:SATAは6ポート。SATA ExpressとかU.2は搭載されない

Photo19:チップセットのカバーを外すと2つ目のM.2コネクタが出現される。ちゃんと放熱用の熱伝導シートが用意されているのはさすが

その他のテスト環境は表1に示す通りである。今回は外部GPU(GeForce GTX 1080)を利用しての比較と、内蔵GPUでの比較の2パターンを実施した。Core i7-8700Kの場合、仮想的な競合はいうまでもなくAMDのRyzen 7 1800Xということで、こちらは外部GPUで比較を行っている。

CPU Core i7-8700K
Core i5-8400
Core i7-7700K Ryzen 7 1800X
M/B ASUS ROG STRIX Z370-F Gaming
(BIOS 0408)
ASUS PRIME Z270-A
(BIOS 1009)
ASUS CROSSHAIR HERO VI
(BIOS 1701)
Memory Corsair CMK16GX4M2A2666C16
(DDR4-2666 CL16 8GB×4)
内部GPU Intel UHD Graphics 630
(Intel Graphics Driver 22.20.16.4758)
Intel HD Graphics 630
(Intel Graphics Driver 22.20.16.4749)
-
外部GPU NVIDIA GeForce GTX 1080 Frontier Edition
(GeForce Driver 385.69 WHQL)
Storage Intel SSD 600p 256GB(M.2/PCIe 3.0 x4) (Boot)
WD WD20EARS 2TB(SATA 3.0)(Data)
OS & Software Windows 10 Pro 64bit 日本語版 Version 1703 Build 15063.413
.NET CLR 4.0.30319

ということでグラフ中の表記であるが

  • i5-8400 : Core i5-8400
  • i7-7700K : Core i7-7700K
  • i7-8700K : Core i7-8700K
  • R7 1800X : Ryzen 7 1800X

をそれぞれ意味している。まずはGeForce GTX 1080を利用した状態での性能比較、続いて内蔵GPUでの性能比較をお届けする。

  • <<
  • <

1/28

インデックス

目次
(1) 期待のCPUをいち早く検証
(2) ベンチマークテスト外部GPU編「PCMark 10 v1.0.1275」
(3) ベンチマークテスト外部GPU編「CineBench R15」
(4) ベンチマークテスト外部GPU編「POV-RAY 3.7.0」
(5) ベンチマークテスト外部GPU編「DxO OpticsPro 11」
(6) ベンチマークテスト外部GPU編「TMPGEnc Video Mastering Works 6 V6.2.4.31」
(7) ベンチマークテスト外部GPU編「3DMark v2.3.3732」
(8) ベンチマークテスト外部GPU編「Deus Ex:Mankind Divided」
(9) ベンチマークテスト「F1 2017」
(10) ベンチマークテスト外部GPU編「Hitman 2016」
(11) ベンチマークテスト外部GPU編「Metro redux」
(12) ベンチマークテスト外部GPU編「Rise of the Tomb Raider」
(13) ベンチマークテスト外部GPU編「SID MEIER'S CIVILIZATION VI」
(14) ベンチマークテスト外部GPU編「Tom Clancy's The Division」
(15) ベンチマークテスト内部GPU編「PCMark 10 v1.0.1275」
(16) ベンチマークテスト内部GPU編「TMPGEnc Video Mastering Works 6 V6.2.4.31」
(17) ベンチマークテスト内部GPU編「3DMark v2.3.3732」
(18) ベンチマークテスト内部GPU編「F1 2017」
(19) ベンチマークテスト内部GPU編「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」
(20) ベンチマークテスト内部GPU編「Metro redux」
(21) ベンチマークテスト内部GPU編「Rise of the Tomb Raider」
(22) ベンチマークテスト内部GPU編「SID MEIER'S CIVILIZATION VI」
(23) ベンチマークテスト内部GPU編「Tom Clancy's The Division」
(24) 内部分析「RightMark Multi-Thread Memory Test 1.1」
(25) 内部分析「Sandra Platinum Version 24.41」その1
(26) 内部分析「Sandra Platinum Version 24.41」その2
(27) ベンチマークテスト「消費電力測定」
(28) まとめと考察

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事