【レポート】

ガラケーユーザー、踏み出す? – どうせ買うならiPhone X

Appleから9月13日、「iPhone X」「iPhone 8 Plus」「iPhone 8」が発表された。iPhone 8 Plus、iPhone 8は9月22日に発売済みで、iPhone Xも11月3日に発売を控えているが、ガラケーユーザーで新型iPhoneを購入するという人はどれくらいいるだろうか。マイナビニュース会員のガラケーユーザー300人にアンケート調査を行い、新型iPhoneを購入するか尋ねた。

新型iPhone、買う?

新型iPhoneを購入すると答えたのは、300人のうち51人。およそ6人に1人の17%という結果となった。iPhone Xを希望したのが27人、iPhone 8 Plusと答えたのが11人、iPhone 8を買うという人は13人だった。

新型iPhoneを購入するか(N=300)

一方で購入しないと答えた249人の理由を見てみると、「高いから」が最多の34.1%。また、「ガラケーを気に入ってるから」「現在使っている端末に満足している」を合わせると51.4%と半数以上となり、ガラケーの人気を改めて実感した。

新型iPhoneを購入しない理由(N=249)

どうせ乗り換えるなら最新モデルに、値段は気にしない

iPhone Xを買うつもりと答えた27人にその理由を尋ねると、「スマホへの乗り換えを検討していた」という理由が最多の48.1%。どうせスマホにするなら最新の機種を、ということだろう。ほかにも「デザイン」や「無線充電機能」が魅力、という人も多かった。

MiPhone Xを選んだ理由(N=27)

出費は抑えつつ、けれどiPhoneを使いたい?

続いてiPhone 8 Plus、iPhone 8と答えた27人に理由を教えてもらった。こちらはiPhone Xとは反対に「価格」が決め手となったようで、37.5%が理由としてあげた。そのほか、iPhone Xと同様、デザインや無線充電機能も人気だった。

iPhone 8、iPhone 8 Plusを選んだ理由(N=24)

なおマイナビニュースでは、NTTドコモ、au、ソフトバンクのキャリアごとに、iPhone 8 Plus、iPhone 8の実質支払額を比較した記事と、各キャリアの月額利用料金をまとめた記事を掲載している(本記事の下にある関連記事から)。新型iPhoneを購入する際はぜひ参照していただきたい。

調査時期: 2017年9月13日~2017年9月14日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 300件
調査方法: インターネットログイン式アンケート

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事