【レポート】

間違いなしの『陸王』に西谷弘監督の『刑事ゆがみ』も…脚本&演出の"満足度実績"からひも解く注目の秋ドラマ

1 池井戸潤ドラマはどれも高満足度

  • <<
  • <

1/2

10月から各局で新たな連続ドラマがスタートする。従来のリアルタイム視聴率に加え、録画視聴率、SNSでの拡散数など、さまざまな指標でドラマ作品が評価されるようになってきた中で、データニュース社が運営する視聴状況調査「テレビウォッチャー」では"満足度"を集計。この膨大なデータを日々分析する研究員が、脚本家や監督が過去に手掛けた作品の"満足度"に焦点を当てながら、注目の秋ドラマを紹介していく。

●「テレビウォッチャー」満足度調査概要
・対象局:地上波(NHK総合、NHK Eテレ、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)
・サンプル数:関東1都6県、男性1,200+女性1,200=計2,400 ※回収数は毎日変動
・サンプル年齢構成:「20~34歳」「35~49歳」「50~79歳」各年代男女各400サンプル
・調査方法:毎日モニターにテレビ視聴に関するアンケートを同じアンケートモニターへ配信、データを回収するウェブ調査
・採点方法:最高点を「5」とし、「3.7」以上を高満足度に基準

もれなく高満足度チームが制作する『陸王』

『陸王』主演の役所広司 (C)TBS

秋ドラマで最も"間違いない"のは、日曜劇場『陸王』(TBS系、日曜21:00~)。同枠でこれまで『半沢直樹』(13年)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(14年)、『下町ロケット』(15年)を手がけてきた、池井戸潤原作×八津弘幸脚本×福澤克雄監督チームの最新作だ。「テレビウォッチャー」の満足度(5段階評価)は、それぞれ4.34、3.96、4.23といずれも高満足度の基準3.7を上回っている。

また、同チームで制作した『流星ワゴン』(15年)は3.91、"警察版半沢直樹"とも言われた今年4月期『小さな巨人』も3.92をマーク。さらに、データが残る12年以降の「池井戸潤原作ドラマ」(地上波連ドラ)でみても、『七つの会議』(NHK、13年)が3.91、『花咲舞が黙ってない』(日テレ、14年・15年)が第1期3.98・2期4.00、『ようこそ、わが家へ』(フジ、15年)が3.88、『民王』(テレ朝、15年)が4.15と、もれなく高満足度を記録しており、今作も高満足度になる確率は100%間違いないと言えよう。


ヒットメーカーが演出する『刑事ゆがみ』

『刑事ゆがみ』浅野忠信(左)と神木隆之介 (C)フジテレビ

演出で注目したいのは『刑事ゆがみ』(フジテレビ系、木曜22:00~)の西谷弘監督。これまで『ガリレオ』(ドラマは07年の第1期のみ、映画版は2作ともに担当)、そして『任侠ヘルパー』(09年)と、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(14年)も手がけ、いずれも自身がメガホンをとって映画化もしたヒットメーカーだ。

自ら脚本に携わるという話もあり(09年に監督を務めた映画『アマルフィ 女神の報酬』ではクレジット表記なしも脚本担当)、映像と脚本どちらにも深くアプローチできるテレビ監督では珍しい存在。前作の福山雅治主演『ラヴソング』(16年)では、月9らしくないヒューマンドラマ寄りのラブストーリーを展開したが、それが賛否両論となって満足度も3.36と低調だった。

だが、その"らしくなさ"こそが西谷監督の真骨頂で、先に挙げたヒット作でも描かれた重厚な人間ドラマのパートは、西谷監督の手によるものが大きいだろう。今回も『ラヴソング』の脚本倉光泰子氏とタッグを組み、 "天才偏屈刑事"というキャッチーな主人公ながら、ただの事件解決モノにはならない丁寧な人間ドラマも楽しめるに違いない。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 池井戸潤ドラマはどれも高満足度
(2) 櫻井翔『先に生まれただけの僕』の脚本家は…
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事