【ハウツー】

iOS 11でFLACを再生するには?

2004年に発売された小型Wi-Fiベースステーション「AirMac Express」以来、Appleは可逆圧縮(ロスレス)のオーディオコーデックとして「Apple Lossless(ALAC)」をサポートしてきた。当初は仕様が明かされないプロプライエタリな技術だったが、2011年にはオープンソース化に踏み切り、現在では多くのオーディオ機器やOS/アプリでサポートされている。

そのためか、もうひとつのロスレス・オーディオコーデック「FLAC」は、Apple製品では積極的にサポートされてこなかった。ソフトウェア(デコーダ)を追加すればiPhone/iPadやMacでも再生できるが、OSレベルでサポートされているほうがアプリ開発者にとって好都合。FLAC再生に対応するアプリの増加にもつながるため、エンドユーザにとっても歓迎されるべき話だ。

iOS 11では、FLACがついにOSレベルでサポートされた。しかし、9月20日現在iTunesにFLACエンコーダは収録されていないため、パソコンと同期して「ミュージック」アプリで再生することはできない。iOS 11のFLACデコーダを利用したアプリが登場するのはこれからということもあり、iOS 11公開直後からFLACを気軽に再生できるとは考えないほうがいい。

しかし、「メモ」を使えば簡易的な方法ながらFLACを再生できる。iCloud Driveなど「ファイル」(iOS 11で追加されたファイル管理アプリ)にFLACファイルを保存し、共有メニュー経由で「メモ」へ挿入すればOKだ。気軽に音楽を聴くスタイルではないが、ごく基本的な再生指示はできるし、iOSの「Core Audio」を経由するため音質もしっかりしている。iOS 11のFLACサポートがどのようなものか、とりあえず確認したい場合に利用してほしい。

操作手順をカンタン解説

1 「ファイル」アプリでFLACファイルを開き、画面右上の共有ボタンをタップする

2 「メモに追加」を選択する

3 「メモを選択」欄で新規メモが選択されていることを確認したうえで、「保存」をタップする

4 「メモ」アプリを起動して作成したメモを開くと、再生可能な状態でFLACファイルが表示される

5 他の音楽再生アプリを使用するまでは、コントロールセンターから再生指示することもできる

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事