【レポート】

961プロの新ライバルアイドル「詩花」のお披露目や新テーマ曲初ライブも! 「IM@S GAME SHOW 2017」in TGS2017

2017年9月23日、千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2017メインステージにて、「アイドルマスター」シリーズのステージイベント「IM@S GAME SHOW 2017」が開催された。

今回のステージでは、2017年12月21日に発売予定のPS4『アイドルマスター ステラステージ』に登場する961プロ所属の新ライバルキャラクターの設定が初公開された。961プロとは、ゲーム「アイドルマスター」シリーズの作品内で、プレイヤーが所属する765プロの前に立ちはだかってきた大手ライバルプロダクションだ。

新ライバルの名前は「詩花」。オーストリア出身の帰国子女で、ウィーンで音楽を学んだ、音楽的に高い素養を持つアイドルのようだ。詩花の台詞として「みんなを幸せな気持ちにするのがアイドルって思うから」とのフレーズが紹介されていた。資料画像からは前向きで心優しいアイドルっぽい雰囲気が伝わってくるが、961プロ所属のアイドルでしっかり音楽を学んだ設定であればかなり手強い実力派であるはず。現在未公開のCVを含めて、期待は高まるばかりだ。

詩花

元祖765プロ組とミリオンシアター組の"ハッチポッチ"ステージ

今回のステージはPS4『アイドルマスター ステラステージ』とスマホアプリ『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』を中心に紹介する合同ステージで、天海春香役の中村繪里子、如月千早役の今井麻美、双海亜美・真美役の下田麻美、真壁瑞希役の阿部里果、北上麗花役の平山笑美、野々原茜役の小笠原早紀が出演した。元祖765プロ組とミリオンシアター(『ミリオンライブ!』から登場したアイドルたち)組キャストが共演するレアなステージは、中村が「今日は765もミリオンもハッチポッチ、つまりまぜこぜごちゃまぜ寄せ鍋でお届けします!」と宣言してのスタートとなった。

『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』のコーナーでは、実装前の「Growing Storm!」のPVを初公開。原曲ユニット「乙女ストーム!」のメンバーである真壁瑞希役の阿部は「私この時を待ってました!」と大興奮だった。ゲーム対決コーナーでは、中村・平山・小笠原チーム、今井・下田・阿部チームに分かれて『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』で対戦。チーム分けは、10月に日本武道館で予定されている合同ライブ「THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!」の初日出演組と2日目出演組となっている。

先攻の中村・平山・小笠原チームの課題曲は「Shooting Stars」。中村と平山がノリノリで盛り上げる中、前半は快調にプレイするプレイヤー担当の小笠原。ところが小笠原は、なんとプレイ途中で自らアプリを終了させてしまうアクシデントにより0ポイントになってしまう。後攻の今井・下田・阿部チームは、プレイヤー阿部が先程PVが披露されたばかりの「Growing Storm!」で完走さえすれば勝利という状況。ほぼ勝負が見えたこともあり(?)、真剣勝負というよりは、両チームが一緒に踊って騒ぎながら阿部のプレイを盛り上げる感じに。結果はそのまま今井・下田・阿部チームの勝利となった。

今後の『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』の展開については、10月の運営予定内容として楽曲追加を伴うストーリーイベントを2回開催することや、メインコミュ12話の公開、武道館ライブと連動した施策の実施、サプライズでの楽曲追加、新CMの投下予定などが先出し紹介されていた(あくまで予定)。また、このステージの開催を記念して、『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』ゲーム内でミリオンジュエル390個を配布する嬉しいお知らせもあった。さらに詳しい今後の情報については、近く特別ニコ生を開催して紹介するとのことだった。

続いては、PS4『アイドルマスター ステラステージ』のコーナー。PS4『アイドルマスター ステラステージ』は、9月19日の「2017 PlayStation Press Conference in Japan」で発表されたばかりの新作タイトルで、情報を伝え聞いているという今井によれば、「コーチングよりプロデュースに力を入れたゲーム」になるようだ。ここで前述した961プロ所属のライバルキャラ・詩花が紹介されると、会場は期待と驚きの大歓声に包まれた。

こちらでも先程のチーム分けでのプレイ対決が行われ、『アイドルマスター ステラステージ』のどこよりも早い実機プレイ風景を見ることができた。和のテイストの個性的なステージで新衣装の天海春香と星井美希が歌う姿や、クインテットユニットで歌う同作テーマソング「ToP!!!!!!!!!!!!!」などの初めて見る光景に会場の視線は釘付け。こちらの対戦は中村・平山・小笠原チームが勝ったことで、通算結果はイーブンとなり、結果、両タイトルのスコア合計で総合結果を判定することになった。そして、自身のうっかり途中終了のスコア「0ポイント」が大きく響いてトータルでの敗北が確定した瞬間、ステージに崩れ落ちてヘコむ小笠原だった。

なお、告知コーナーでは、PSVR『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』の追加DLC楽曲として「ØωØver!!」が2017年9月28日に配信されることも発表されていた。

そして最後はミニライブコーナー。阿部、平山、小笠原が『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』テーマソング「Brand New Theater!」を歌えば、中村、今井、下田が『アイドルマスター ステラステージ』テーマソング「ToP!!!!!!!!!!!!!」をライブ初披露。最後は全員で「アイドルマスター」の始まりの楽曲「THE IDOLM@STER」を歌うという、両チームがひとつになったステージにふさわしい構成だった。

ステージの締めはもちろん、中村が音頭を取っての「アイマスですよ、アイマス!」の大合唱。最近ではアイマス関連の様々な作品イベントの締めの恒例になっているフレーズだが、やはり元祖でオリジナルの中村がステージの真ん中で叫ぶ姿はとてもしっくりくるものだった。

(C)窪岡俊之 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事