【レポート】

伊藤園が三越日本橋に直営店、両社が狙うは"富裕層"

1 「伊藤園」を店舗名に入れた本気度

  • <<
  • <

1/2

お茶の伊藤園として、『お茶はこんなに美味しいんだ』と知らせたい――。こう語るのは、伊藤園 特販営業本部 取締役本部長の石坂 健一郎氏だ。伊藤園は三越日本橋本店の本館地下1階食品フロアに「日本橋 和の茶 伊藤園」を9月22日にオープン。日本茶にこだわった希少価値あるお茶の提供をコンセプトに据え、富裕層への伊藤園ブランドの浸透を図る。

1本2000円、シングルオリジンの玉露茶を用意

伊藤園は1977年に第一号の直営店舗「茶十徳」をオープン。現在170店舗以上を運営しているが、「店舗名に『伊藤園』を冠したのはこの店舗だからこそ。三越日本橋本店と交渉して、ブランド価値向上のために社名を入れた」(石坂氏)と特別な店舗であることを強調する。

伊藤園 特販営業本部 取締役本部長 石坂 健一郎氏

ブレンド茶ではなく、生産者それぞれの茶葉にこだわったシングルオリジンでお茶を提供する

それもそのはず、「お~いお茶」で有名な伊藤園が、日本茶のみを取り扱う店舗はこの店舗のみ。長年の事業で培ってきたお茶農家のネットワークを活かし、35種類にもおよぶ茶葉を取り揃え、緑茶や紅茶、ウーロン茶を提供する。茶葉は温暖な気候でしか栽培できないため、新潟が北限とされる。一方で、南は鹿児島でも生産されており、オープン時には屋久島で生産された茶葉を用いた「屋久島紅茶」も提供する。

和の茶 玉露

さらに伊藤園が目玉とするのが、375ml瓶ながら税込みで2160円を値付けた「和の茶 玉露」。ブレンド茶ではなく、福岡県八女産「伝統本玉露」をシングルオリジン(単一品種・単一生産者)による100%使用した高級茶で、ガラス瓶に入れ、化粧箱も付けた手土産にうってつけの商品に仕上げた。

福岡県の八女茶は、一体の玉露生産量が全国一位とも言われており、定評のある茶葉産地。石坂氏によると、茶葉は100gで1万円を超える上級品とのことで「旨味が口の中で広がる」(石坂氏)と自信を見せる。もちろん、屋久島や八女以外の産地の茶葉も拡充していくとしており「年末に向けてラインナップは拡充していく。スペースは限られるが、入れ替えも含め100種類程度の茶葉を用意していきたい」(石坂氏)と話す。

また、イートインコーナーも用意しており、ほうじ茶や抹茶をベースにしたロールケーキ、マカロンを提供。急須などの関連商品も取り揃えることで、お茶の世界観を楽しんでもらい「和茶の"伝統"と"今"に出会い、体感していただけるようにしたい」(三越日本橋本店 食品・レストラン営業部 部長 田中 清氏)としていた。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「伊藤園」を店舗名に入れた本気度
(2) コンビニやECにはない価値提案、来店富裕層は年々拡大
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事