【ハウツー】

コントロールセンターに緑のボタンが追加された理由は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『コントロールセンターに緑のボタンが追加された理由は?』という質問に答えます。

***

コントロールセンターにある緑のボタン……「モバイルデータ通信」をオン/オフするボタンのことですね。iOS 11ではレイアウトを刷新しただけでなく、一部機能の追加/削除が実施されており、電波塔のようなデザインのモバイルデータ通信ボタンは追加されたものです。

このボタンが緑のときはモバイルデータ通信(3G/4G)が有効、濃いグレーのときは無効になります。これまでモバイルデータ通信をオフにするときは、『設定』アプリを起動し操作していましたが、今後はコントロールセンターを使い一瞬で変更できます。

機内モードをオンにすればモバイルデータ通信を無効化できるのに、なぜ? という声が聞こえてきそうですが、その理由はおそらく「音声通話」です。モバイルデータ通信ボタンは、あくまでデータ通信回線をオン/オフするもので、音声通話(キャリアの通話サービス)には影響しません。

実際、モバイルデータ通信ボタンをオフにしても電話の発着信は可能です。一方の機内モードはといえば、モバイルデータ通信と音声通話の両方が無効化されてしまうため、WEBの閲覧やメールの送受信のみならず電話をかけることも受けることもできません。モバイルデータ通信だけを無効化できることに意味があるのです。

ここからは推測になりますが、キャリアの3G/4G回線を利用したデータ通信は不要だけれど電話の発着信は必要、と感じるユーザの要望をAppleが汲んだのでしょう。確かに、月末近くでパケット使用量を可能なかぎり抑えたいと考えているとき、Wi-Fiアクセスポイントがあるのでモバイルデータ通信が使えなくても困らないとき、コントロールセンターからパッと無効化できるこの新機能は重宝しそうです。

iOS 11のコントロールセンターには「モバイルデータ通信」ボタンが加わりました

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事