【インタビュー】

AbemaTVに"女子アナ"誕生! 元NMB48・瀧山あかねも採用「諦めかけていた夢がかなった」

1 元SKE48・柴田を意識「いつかは追いつけ追い越せ」

  • <<
  • <

1/3

話題の番組を次々に送り出しているインターネットテレビ局・AbemaTVで、ついに"女子アナ"が誕生することになった。ニュースやバラエティ番組で活躍する専属キャスターを3人採用。これから研修期間として番組などに登場し、来年4月にサイバーエージェントに入社して、正式にキャスターとして活動を始める。

この座を射止めたのは、藤田かんな、西澤由夏、瀧山あかねの3人。藤田は、すでに芸能活動を行っており、西澤は、現役のサイバーエージェント社員から、AbemaTVの表舞台へ。そして瀧山は、アイドルグループ・NMB48の第2期生という経歴の持ち主だ。いずれも即戦力として期待がかかる彼女たちに、今後の意気込みを聞いた――。

(左から)西澤由夏、瀧山あかね、藤田かんな

――AbemaTV専属キャスター決定おめでとうございます。藤田さんと西澤さんは埼玉県出身なんですね。少し時間はたちましたが、甲子園優勝もおめでとうございます。

藤田・西澤:ありがとうございます(笑)

藤田:すごいうれしかったです! 埼玉の誇りです!

西澤:うちらが「ありがとうございます」っていうのもおかしいですけどね(笑)。でも、プッシュ通知が着た瞬間に見ましたね。

――瀧山さんは兵庫県出身なので、甲子園は地元なんですね。

瀧山:そうなんです。尼崎なんですけど、実家は甲子園球場に自転車で行ける距離です!

――さて、このAbemaTVの専属キャスターになぜ志望したんですか?

藤田:普通に就職活動をしていた中で、サイバーエージェントという会社に興味を持っていました。そこで、キャスターの採用募集をしていたので、今まではモデルやキャスターの仕事をしていた経験が生かせるのではないかと思って、応募させていただきました。

――憧れのキャスターやアナウンサーの方はいらっしゃいますか?

藤田:私たちが第1期生なので、AbemaTVならではのキャスター像を作っていければと思っています。

――日テレの水卜麻美アナも、今までにないキャラクターでブレイクしましたもんね。瀧山さんはいかがですか?

瀧山あかね
1994年5月10日生まれ、兵庫県出身。現在は。関西学院大学文学部に在学中で、2018年3月卒業予定。

瀧山:私は、大学生でラジオのMCを務めていたことがあって、その時に言葉で伝えて人の心を動かす瞬間がすごい楽しいなと思って、それをずっと仕事にしていけたらなと考えていた時に、アナウンサー学校の先生からAbemaTVの専属キャスター募集を聞いて、応募しました。

――瀧山さんは、以前NMB48のメンバーとしてアイドル活動をされていたんですよね。その当時からキャスターをやりたい思いはあったんですか?

瀧山:キャスターになるということを見据えた上で、大学進学に向けてNMBの卒業を決めたので、ぼんやりとはずっと夢にはありました。

――アイドルからキャスター・アナウンサーと言えば、モーニング娘。からテレビ東京のアナウンサーになった紺野あさ美さんがいますよね。AbemaTVでも元SKE48の柴田阿弥さんが活躍されていますが、意識されていますか?

瀧山:やはり同じ48グループでだったので、意識はしてます。48グループから卒業してキャスターになる方は結構いらっしゃると思うんですけど、柴田さんはその中でも活躍されてるなと思っていたので、いつかは追いつけ追い越せという気持ちで頑張りたいと思います。

――憧れのキャスターやアナウンサーの方は?

瀧山:テレビ朝日の竹内由恵アナウンサーを尊敬しています。ラジオのスポーツ番組でMCをしたときに、スポーツに関する知識がすごく乏しかったんですけど、そこで『やべっちF.C.』を見て勉強した時に、いつも竹内アナがスポーツと真剣に向き合って本当に楽しんだと伝えてくれたおかげで、私自身スポーツの魅力を知ることができたので、そんな風にたくさんの人にスポーツの楽しさを伝えたいなと思います。

――西澤さんは、もともとサイバーエージェントの社員でいながら応募したんですよね。

西澤:はい。私も学生の時から目指していて、当時からキャスターやラジオのレポーターをずっとやってきました。今の仕事は、アメブロで著名人の方のブログのコンサルなどをしてるんですけど、その中でAbemaTVのキャスティングで現場に足を運ぶ機会が多くて、すごく間近で見てきたというのもあって、これからはAbemaTVを一員として盛り上げていきたいなって思ったのが応募したきっかけでした。

――憧れのキャスターやアナウンサーは?

西澤:新井恵理那さんが目標です。『グッド!モーニング』(テレ朝)のような真面目な情報番組や、バラエティ番組でも活躍されていて、その場その場でちゃんと自分の意見を持って発信しているのを尊敬しているので、目指していきたいなと思っています。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 元SKE48・柴田を意識「いつかは追いつけ追い越せ」
(2) うれしい気持ちと同時に焦りも
(3) バカリズムに頑張っていることを伝えたい

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事