【レポート】

日本の常識は世界の非常識? - IFA2017、海外のスタンダード家電

1 ナナメってるー!

  • <<
  • <

1/3

国際コンシューマ・エレクトロニクス展「IFA2017」が2017年9月1日から9月6日までドイツ・ベルリンで開催された。デジタル家電、白物家電、オーディオ機器、パソコン関連機器などの新製品が発表される場として注目を集め、延べ25万人以上が訪れた。

世界中の有名なメーカーが出展するIFA2017では、既に発売中であり、グローバルで売れている家電製品も多数展示されている。その中で、日本ではあまり見かけないものの、世界的に注目されている家電を集めてみた。

換気扇はナナメ? ヒーターにも換気扇

会場で目に留まったのは、ダクト用換気扇の形状だ。ドイツの高級家電メーカーであるミーレなどが展示していた換気扇も、吸気口の部分がナナメになっており、奥の壁側に引っ込んだ形となっている。

このようにナナメになっている換気扇は多く展示されていた

日本のダクト用換気扇はほとんどが水平なので不思議に感じたのだが、広い会場を回ってみると、各メーカーが展示している換気扇は、このタイプが多いことに気付いた。

スタッフに聞いてみたところ、海外では背の高い人も多いため、こうしたナナメの換気扇が受け入れられているとのこと。フラットなタイプもあるが、背が高い人にとっては頭が当たって邪魔になるそうだ。

kaiserというブランドでは、ほぼナナメタイプ

また、換気扇付きのIHクッキングヒーターも数社が採用していた。真ん中に吸気口があり、排気はIHクッキングヒーターの下に設置されたダクトを通っていく。大がかりな工事が必要となるが、上に換気扇を設置しなくてもすむため、キッチンまわりはスッキリするという。

AGEブースでデモが行われていた。中心部分にファンがあり、蒸気などを吸い込む

ミーレのブースにも換気扇付きIHクッキングヒーターが展示されていた

下を見るとダクトが見える

吸気口部分のパーツは取り外して洗える

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) ナナメってるー!
(2) デカいー!!
(3) カラフルー!!
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事