【レポート】

今週の秋葉原情報 - 12コアの最上位「Core X」が発売に、通常の40%サイズの超小型キーボードも

1 Core Xに最上位の12コアモデル / AM4向けに最上位のEXTREMEが登場

  • <<
  • <

1/6

Core Xに最上位の12コアモデル

Intelのハイエンド向けCPU「Core X」シリーズに、最上位モデルとなる「i9-7920X」が登場、発売が開始された。従来のi9-7900Xは10コアだったが、12コアに強化されているのが特徴。ソケットは従来通りLGA2066で、TDPも140Wで変わらない。コアクロックは2.90/4.40GHz。価格は145,000円前後だ。

Intelの「Core i9-7920X」。従来同様、CPUクーラーは付属しない

i9-7900Xの上位モデルとなり、コア数が増えている(TSUKUMO eX.)

現在、AMDからは16コアの「Ryzen Threadripper 1950X」が発売中であるが、これに対し、Intelは今後、14コアの「i9-7940X」、16コアの「i9-7960X」、18コアの「i9-7980XE」を投入予定。日本における発売日や価格は明らかになっていないものの、ハイエンドCPUの競争が(TDP的にも)熱くなっている。

AM4向けに最上位のEXTREMEが登場

ASUSの「ROG CROSSHAIR VI EXTREME」は、X370チップセットを搭載するE-ATXゲーミングマザーボード。Socket AM4向けの最上位モデルとなっており、高度なオーバークロックに対応する。特徴は、チップセット用の大型ヒートシンクでM.2スロットも強力に冷却できることだ。価格は50,500円前後。

ASUSの「ROG CROSSHAIR VI EXTREME」。発光機能「AURA」に対応

この大型ヒートシンクの下に、M.2スロットが1つ用意されている

背面には新型バックプレートが設置され、基板の歪みを防止する

I/Oシールドはプリマウント。12kVの静電気放電に対する耐性がある

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) Core Xに最上位の12コアモデル / AM4向けに最上位のEXTREMEが登場
(2) サーバーグレードを謳うB250マザー / 3D NAND採用SSDがサンディスクから
(3) 500W対応のThreadripper用簡易水冷 / リングもブレードも光る派手なファン
(4) 4面も強化ガラスにしたフルタワー / 換装パーツ付きのゲーミングマウス
(5) 通常の40%の超コンパクトキーボード / 動きがユニークなてんとう虫ラジコン
(6) 通常の40%の超コンパクトキーボード / 動きがユニークなてんとう虫ラジコン

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事