【レポート】

iPhone 8発表直前、アップルを取り巻くビジネスの注目点は? - 前編

1 イベント日程からスケジュールを読み解く

  • <<
  • <

1/3

アップルはメディア関係者に、9月12日のスペシャルイベント開催を通知した。開催場所は建設中の新キャンパスApple Park内にある1000人収容のThe Steve Jobs Theater。iPhone 10周年を記念するモデルへの注目とともに、アップルの新しいキャンパスでの初のイベントとなり、その建物やランドスケープのデザインにも注目が集まる。

米国12日に開催されるイベントでは新型iPhoneが披露されそうだ

今回のiPhone発表会では、3モデルのiPhoneが披露されるとみられている。現在のiPhone 7、iPhone 7 Plusの光景となるモデル、そして全く新しい製品となるiPhone 8とされてきた製品だ。

発表会直前になって、iPhone 7シリーズの後継はiPhone 8シリーズになるとみられており、iPhone 8とされてきた製品は、iPhone 8 Edition、もしくはiPhone Xという名称が浮上している。

例年のことながら発売直後は品薄状態に

iPhoneは非常に注目度も高く、多くの人々が新規購入、もしくは買い換えを求める。特に今年は3モデルぶりとなる大きなデザイン変更が伴うため、買い換え、Androidからの乗り換えについても、その勢いはこれまで以上になると考えられる。

例年、iPhoneは発売直後から年内いっぱいまでは、多くのモデルで品薄状態が続いてきた。特に2016年のiPhone 7シリーズでは、大型ディスプレイとデュアルカメラを備えたiPhone 7 Plusと、特別な光沢仕上げとして設定されたジェットブラックに人気が集まり、筆者の周りでもあきらめてマットなブラックを選択したユーザーが多く見られた。

今回のiPhoneは、iPhone 7シリーズの後継モデルとして2機種、そして全く新しい要素を加えたプレミアムモデル1モデルが登場する予定だ。

やはり注目は後述のプレミアムモデルとなるが、価格が大幅に高くなることも予測され、またプロセッサやカメラなどの基本性能については、アプリ開発コミュニティのことを視野に入れれば、大きな差を付けることは戦略上好ましくないこともあり、iPhone 7シリーズの後継モデルであっても、十分な進化への満足感を得ることができる可能性が高い。

例年通りなら、日本市場も、iPhone発売の最初のグループに入ることが考えられ、時差の関係から、ニュージーランドやオーストラリアとともに、最も早くiPhoneを販売し始める国の1つになるだろう。

9月12日のイベント開催と、決算の9月末締めのスケジュールから考えると、9月15日予約開始、9月22日発売という流れになることが予想できる。希望のモデルについては、早めに予約をしておくことが得策だろう。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) イベント日程からスケジュールを読み解く
(2) パネルの供給動向に注目
(3) 顕在化するアップルの課題
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事