【レポート】

デビットカードをお得に使うには? クレジットカードとの違いや活用法をおさらい

テレビのコマーシャルなどでよく耳にするようになった「デビットカード」。クレジットカードほどの認知度はないものの、すでに利用しているという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

利用と同時に口座から引き落とされるデビットカードは、お金の管理に便利と言われています。そこで今回は、クレジットカードとの違いやデビットカードのメリット、お得に活用する方法をまとめてみました。

デビットカードとは? クレジットカードとの違いについて

プリペイドカードは前払い、クレジットカードは後払い。そして、デビットカードは、買い物などで利用したと同時に、口座からお金が引き落とされる「即時払い」の仕組みになっています。

クレジットカードとデビットカードの違いを、もう少し詳しく見ていきましょう。クレジットカードには、1回払いや2回払いのほか、分割払い、ボーナス払い、リボ払いと様々な支払方法が用意されており、利用できる金額(利用限度額)は、審査の結果によって変わります。また、クレジットカードには、キャッシングといって、急にお金が必要になった時などに、ATMからすぐにお金を借りることのできる機能が付いています。そして、利用金額に応じてポイントを貯めることができ、貯まったポイントは買い物の際に利用が可能です。

一方、デビットカードはどうでしょうか。デビットカードには、分割払いやリボ払いがなく、一回払いのみです。利用できる金額は、デビットカードに紐づけされている預金口座の残高および利用限度額の範囲内となります。また、クレジットカードのようにキャッシングなど現金を借りる機能はついていません。さらに、一部のデビットカードでは、利用金額に応じてポイントではなく、キャッシュバックを受けられる仕組みになっています。

ほかにも、クレジットカードを持つには審査に通過する必要がありますが、デビットカードの場合は無審査で申し込むことができます。また、ネットショップで買い物をする際、クレジットカードと違い、利用できないデビットカードもありますので、注意が必要です。

デビットカードのメリットは即時引き落としだけではない

このように、デビットカードは基本的に、「口座に残っている金額分使える」という非常にシンプルなカードと言えます。クレジットカードのように手持ちが少なくても分割払いで買い物ができる、という利用方法はできませんが、使い過ぎの心配がない点は大きなメリットでしょう。クレジットカードは便利ですが、分割払いやリボ払いを繰り返してしまうと、返済で生活が圧迫される危険もあります。クレジットカードの使い方に自信がない人は、デビットカードを利用してみるのも良いでしょう。

また、デビットカードは即時払いであることで、お金の管理がしやすくなります。クレジットカードの場合、利用したことを忘れても支払いはやってきますので、しっかり管理をしていないと、お金が足りなくなるような事態になりかねません。しかし、デビットカードは、その場でお金が引き落とされることに加え、利用金額が通帳に記帳されますので、現金感覚で使うことができるのです。

さらに、海外の旅行先で現金が足りなくなった時、デビットカードを使えば、預金口座の出金として外貨を引き出すことができます。クレジットカードでもキャッシングで引き出しが可能ですが、これではお金を借りることになります。元々自分の口座に入っているお金であれば、返す必要はありませんので、抵抗なく外貨引き出しが行えます。

それに、現金のように使える一方で、本物の現金のように銀行にお金を下ろしに行く手間や手数料が省けるのも嬉しいポイントですね。

デビットカードをお得に使うなら

現金のように使えて管理がしやすいデビットカードですが、クレジットカードに比べるとネットでの利用やポイントの付与に制限のある印象です。「カードの利用で得したい」という人にとっては、デビットカードはやや物足りないかもしれません。

そうした点を補うためには、VISAやJCBなどといった国際ブランドのデビットカードがおすすめです。たとえば、「三菱東京UFJ-VISAデビット」の場合、毎月のカード利用金額の0.2%(基本キャッシュバック率)が自動キャッシュバックされる仕組みになっています。また、デビットカードであっても、VISA加盟店やJCB加盟店で利用できることから、ネットショップでも使うことができます。そのほか、不正利用補償があるものなど、充実した機能やサービスを備えているデビットカードは増えていますので、それぞれ見比べてみると良いでしょう。

クレジットカードの特典や使い勝手の良さに慣れてしまうと、デビットカードは不便に感じる部分もあるかもしれません。しかし、だからこそ得られるメリットもあります。ひとつ気を付けたいのは、デビットカードにもクレジットカード同様、年会費がかかるカードがあることです。そうした点にも注目しながら、お気に入りの一枚を見つけてみましょう。

※画像と本文は関係ありません

筆者プロフィール:武藤貴子
ファイナンシャル・プランナー(AFP)、ネット起業コンサルタント
会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーやマネーコラムの執筆を展開。独立後はネット起業のコンサルティングを行うとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中。FP Cafe登録FP。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事