【ハウツー】

接続するWi-Fiの画面に枠があります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『接続するWi-Fiの画面に枠があります!?』という質問に答えます。

***

接続するWi-Fi(アクセスポイント)の画面に枠がある……そこには「ログイン」という文字と、錠前のアイコン、そして「XXX.XXX.com」といったサイト名/ドメインが記述されていないでしょうか? そうであれば、おそらく「キャプティブWi-Fiネットワーク」です。

キャプティブWi-Fiネットワークは、空港や駅、ホテルといった公共の場に設けられたWi-Fiアクセスポイントに多く見られます。一般的なWi-Fiアクセスポイントと通信方式そのものに変わりはありませんが、ユーザ登録や利用料の支払い、利用規約の確認を伴うことがあります。ネットワークの接続に必要なユーザIDとパスワードを提供する代わりにユーザ登録や利用料の支払いを受けるWi-Fiアクセスポイントが、よく見かけるキャプティブWi-Fiネットワークです。

そのログイン画面には、「キャンセル」ボタンが用意されています。接続手続き開始から数分以内にこれをタップすると、「インターネットに接続せずに使用」という選択肢が現れ、インターネットには接続できないもののWi-FiルータがつながっているLANとの接続は維持されます。「ほかのネットワークを使用」という選択肢は、設定画面に戻りほかのWi-Fiアクセスポイントを探すためのものです。

自宅に設置したWi-Fiルータのように、ユーザIDとパスワード以外の情報が不要なはずのWi-Fiアクセスポイントでログイン画面が表示されてしまう場合は、Wi-Fiアクセスポイントが一覧された画面で目的のSSID右端にある「i」ボタンをタップし、現れた画面で「自動ログイン」スイッチをオフにしてみましょう。これで、問題が解決することがあります。

空港などに設置されたWi-Fiアクセスポイントには、ログイン時に付加情報を求める「キャプティブWi-Fiネットワーク」を見かけることがあります

人気記事

一覧

新着記事