【レポート】

日産が新型「リーフ」発売、2代目で目指す“売れる”電気自動車

1 航続距離は初代に比べ倍増、価格は315万円から

  • <<
  • <

1/4

日産自動車が電気自動車(EV)の「リーフ」をフルモデルチェンジして発売する。現行の初代リーフは、早い段階で登場したEVとしてほぼ未開拓の市場に挑んだモデルだが、航続距離に対する不安や価格などがネックとなり、日産の狙い通りには販売台数が伸びなかった。新型は売れるEVに進化できるか。幕張メッセで行われた新型リーフのワールドプレミアに登壇した日産首脳陣のコメントもあわせてお伝えしたい。

日産の新型「リーフ」

先代は日本で年間1万台ペースの販売

「初代リーフの発売以来、EVの世界を創ってきた先駆者としての自負がある。世界が本格的なEVの時代に動き出す今、技術の日産の粋を詰め込んだ新型リーフを届けられることは素晴らしいチャンスだ。(先駆者としての役割を担った旧型から)リーフは進化し、今後の日産のコアとなる実力を持った商品となった」。ワールドプレミアで日産の西川廣人社長は、新型リーフの出来栄えに自信を示した。

日産の西川社長

初代リーフの発売は2010年12月。世界累計で30万台近い販売実績を持ち、日本市場では年間1万台ペースで売れて累計8万台となっているが、日産は報道陣向けに行った8月の新型リーフ事前説明会で、初代リーフの販売台数が当初の想定通りには伸びなかったことを率直に認めていた。

台数が伸びなかった要因として日産は、顧客が価格、充電インフラの少なさ、充電時間の長さ、航続距離の4点に不安を持ったからだと分析。これらの課題を踏まえて開発し、満を持して市場に投入するのが今回の新型リーフだ。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 航続距離は初代に比べ倍増、価格は315万円から
(2) 初代リーフで浮上した課題に対応
(3) 「未体験の走り」と「未来の運転」が売り
(4) EVシフトが顕在化、テスラ「モデル3」とも競合?
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事