【レポート】

&6alleinの魅力は大きな振れ幅! - ローションまみれで奮闘した『Let’s NURU NURU!』発売記念トークイベントレポ

若手男性声優6人からなるユニット、&6allein(アンドシクスアレイン、通称アンロク)のDVD『&6alleinの6/6! Let’s NURU NURU! 』の発売を記念したトークイベントが、8月19日、20日の2日間、神奈川県・アニメイト横浜店イベントスペースにて行われた。

&6allein

出演は&6alleinの山谷祥生、徳武竜也、土岐隼一、宮本悠丞、菊池勇成、石井孝英。2日間にわたり計4回行われたトークイベントの、19日第2部の模様をレポートする。

『&6alleinの6/6! Let’s NURU NURU!』は、アニメイトチャンネルにて配信されていた衝撃のロケ企画をDVDに収めたもの。その内容は、アンロクのメンバーが全身タイツ姿で大量のローションにまみれながら、障害物競走や相撲でバトルする、バラエティ番組さながらに体を張ったものだ。

スタッフとファンによる「Let’s!」「ヌルヌル!」という掛け声をきっかけにして&6alleinの6人が登場。オープニングトークでは、これまで&6alleinがリリースしてきた3枚のDVDの中で、どれが一番見応えがあったかを会場のファンに問いかける場面が。

『Let’s NURU NURU!』のほかに、『&6alleinの2/6! It’s COOL!』、『&6alleinの4/6! It’s HEAT!』をリリースしてきた彼ら。

『&6alleinの2/6! It’s COOL!』は山谷と徳武の二人が「カッコイイ男」になるべくビリヤードやボウリングなどに挑戦。また、『&6alleinの4/6! It’s HEAT!』では、土岐、宮本、菊池、石井が声優として、人間として成長するべく水上アスレチックなどに体当たりで挑んできた。

ファンの拍手の大きさを頼りに反応をうかがうと、『It’s HEAT!』と『Let’s NURU NURU!』が同じくらいの支持を集めており、ファンは体当たりで挑戦する彼らの姿を求めている結果となった。

最初のコーナーは、「『Let’s NURU NURU!』のエースはあいつだ!」。番組内では土岐が競技で優勝し「ヌルヌルキング」の称号を手にしていたが、「ヌルヌルエース」と呼ぶにふさわしいメンバーを、それぞれがエピソードをまじえ推薦していくコーナーだ。

山谷が発表した回答は「(キングの)土岐くん以外のみんな」。「とにかく力技がすごかった!」と、土岐の圧倒的強さを讃えるとともに、それに応戦した5人のがんばりをアピールした。これについて土岐は、「一応、みんなの一撃目は受けてたからね!」と、攻撃を受けた上で反撃に出ていたという王者の戦い方に出ていたことを明かした。

菊池の回答は、山谷。理由は「ローションを頭からかぶった時に、ヘルメットのせいでローションが傘のように飛び散っていくさまが面白かったから」とのこと。

そして、宮本は「この子が一番仕事してくれたんじゃないかな?」と、メンバーではなく、障害物競走で登場した「足つぼマット」と回答。障害物として6人を苦しめた足ツボマット。宮本は「足ツボマットは僕の友達だから!」とアンロク7人目のメンバーとして認定したいようだ。しかし、そこへ番組内の罰ゲームで定番となった低周波治療器をこよなく愛する石井から「低周波治療器は僕の家族です!」という名言(?)も飛び出す。予想外の回答にファンも大いに笑っていた。

徳武がエースだと回答したのは、「DVD通常盤パッケージの裏の山谷さんの少年のような笑顔」。「事務所に入ってから見た山谷さんの一番の笑顔!」と豪語した。

土岐は石井がエースだと回答。その理由はDVDの特典映像の、6人全員でいっせいに相撲を行う「大相撲バトルロワイヤル」での、石井の戦いぶりにあると言う。石井は土俵の中、ひたすら丸まって防御の姿勢に徹した結果、ヌルヌルキングの土岐をも倒しバトルロワイヤルを制したのだ。

土岐は「あの発想はなかった。ローション競技には、時には柔軟な発想も必要だなって」と、石井の作戦勝ちを褒め称えていた。

そんな石井がエースとして挙げたのは、山谷。「山谷さんが競技前にずっと言い続けてたヌルヌル川柳が大好きでした」とコメントしていた。

最終決定は会場のファンに委ねられ、結果として、一番拍手が大きかった山谷の回答「土岐くん以外のみんな」が選ばれた。こうして、ヌルヌルキング以外の全員がヌルヌルエースの称号を手にし、コーナーは幕を閉じた。

続いては6人がゲームに挑戦する「ヌルヌルカウントアップ69」。1ヌルヌル、2ヌルヌル……と一人ずつ順番にヌルヌルをカウントしていき、69ヌルヌルをカウントした人が負け、というゲームだ。

1回につき3つまでカウントすることができるこのゲームは、69に近くにつれ、カウントする数により駆け引きが行われる。50ヌルヌルを超えてくるとカウントする声に緊張が漂ってくるが、「ヌルヌル」という言葉のゆるい響きがそれを中和する、不思議なゲームであった。

運命の69ヌルヌル目をカウントしたのは石井。罰ゲームとして、&6alleinのデビューシングル「UNLOCK☆START!!!」にのせて「ヌルヌルあるある」を披露することに。石井は曲にノリノリになりながら「(ローションが)割とあったかい」と、ロケを行ったからこそ言えるリアルなあるあるを披露し、ファンの笑いを掴んでいた。

また、「ヌルヌルキングのあるあるも見てみたい!」と振られ、土岐も「ヌルヌルあるある」を披露することに。土岐が歌にのせ「山谷さんがカッパに見える」と言うと、他のメンバーも山谷の緑色の全身タイツ姿を思い浮かべ「確かにあれはカッパだった」と、しみじみ納得していた。

最後のコーナーは、6人とファンによるじゃんけん大会。景品としてサイン入りのポスターがファンにプレゼントされていた。

エンディングの挨拶で、土岐は「スタッフさんと話していてアンロクには振れ幅ユニットになってほしいと言われました」と明かす。そして「ローション企画をやりながら、MVはとってもさわやか(笑)。極端になればなるほど、どちらの方向性でも全力な僕たちがお見せできるし、ファンのみなさんはそんな僕たちを応援してくれているんだと思いました。今後も僕たちの振れ幅を楽しみにしてください」とファンへの感謝を伝える。

「アンロクは欲張りなユニットだと思っています。なかなか経験できないことをやらせていただいているので、それでみなさまに応援していただいて、こんなに贅沢なことはありません」と、全員がそれぞれ感謝の気持ちを伝え、今後のアンロクならではの多彩な活動に期待してほしいと話していた。

『&6alleinの6/6! 』は8月にアニメイトチャンネルにて2ndシーズンの配信が決定。さらに、2ndシングル「-LIVED- / A:LIVE」も11月29日に発売が決定した。大きなギャップを見せてくれる&6alleinの今後の活動に注目していきたい。

■新譜情報
&6allein 2nd SINGLE 「-LIVED- / A:LIVE」
発売予定日:2017年11月29日
【通常盤】
本体価格:1,800円(税抜)
封入特典:「-LIVED-」MV収録DVD
【アニメイト限定盤】
本体価格:2,800円(税抜)
封入特典: 1「-LIVED-」MV収録DVD
2 MVメイキング収録DVD
3 ブロマイド(2種)
※アニメイト限定盤はアニメイトのみでの販売商品。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事