【レポート】

Lenovo、第8世代Coreプロセッサ搭載2in1「Yoga 920」など - IFA2017

Lenovoは、IFA 2017開催に合わせてスマートフォンやPCの新製品を発表した。本稿ではその中から、PCの新製品を取り上げる。

Yoga 920

液晶ディスプレイが360度開閉する、コンバーチブルスタイルの2in1 PC「Yoga」シリーズ新モデルとして発表された「Yoga 920」。Yogaシリーズの最上位モデルに位置付けられており、Intelの最新CPUである第8世代Coreプロセッサを搭載。4コア版Core i7を搭載することにより、従来モデルよりも性能が大きく向上している。

Yoga 920

従来のYogaシリーズ同様に、ボディはアルミニウム合金製で、アルマイト処理を施すことによって優れた質感を実現。ディスプレイをスムーズに360度開閉できる独自ヒンジ「ウォッチバンドヒンジ」の採用も従来同様。ディスプレイを水平に開けるのはもちろん、どの角度でもぐらつきなくディスプレイを保持でき、優れた利便性を提供する。

ディスプレイはタッチ対応の13.9型IPS液晶で、フルHD(1,920×1,080ドット)または4K(3,840×2,160ドット)表示に対応。この他、オプションで用意されている、4,096段階の筆圧検知に対応するアクティブペン「Lenovo Active Pen 2」にも対応している。

基本スペックは、CPUが第8世代Coreプロセッサで、メモリが最大16GB(DDR4)、内蔵ストレージは最大1TBのSATA SSDを搭載可能。バッテリ駆動時間は、フルHDモデルが最大15.5時間、4Kモデルが10.8時間。サイズは323×223.5×13.95mm、重量は1.37kg。ボディカラーは、プラチナ、ブロンズ、カッパーの3色を用意。

9月5日には日本でもさっそく発売され、直販価格(税別)は183,000円から。本体カラーはブロンズとプラチナの2色が投入される。

天板。ボディはアルミニウム合金で、アルマイト処理が施され質感に優れる

本体正面

左側面

後部側面

右側面

ディスプレイは13.9型IPSで、フルHDまたは4K表示に対応

ディスプレイはウォッチバンドヒンジでスムーズに360度開閉。どの角度でも面つきなくしっかり保持される

キーボードはアイソレーションタイプで、右パームレストには指紋認証センサーも搭載している


Yoga 920 Vibes

Yoga 920の特別デザインモデル「Yoga 920 Vibes」。印象的なデザイン天板に、ガラスを合わせて高級感が高められている

Yoga 920 Vibesは、Yoga 920をベースに、ヨーロッパデザイン学院(Istituto Europeo di Design)の生徒による特別なデザイン天板を採用したモデル。ブラックを基調として、多数のドットによる印象的なデザインが特徴的。また、天板にはガラスを採用しており、より高級感も高められている。

基本的なスペックはYoga 920と同等だが、ディスプレイは4K(3,840×2,160ドット)表示モデルのみとなる。こちらも発売時期および価格とも未定だが、日本での発売も予定している。

Star Wars Special Edition Yoga 920

こちらもYoga 920をベースとしているが、スター・ウォーズをモチーフとしたスペシャルモデルとなる。白をベースに反乱同盟軍(Rebel Alliance)のマークをプリントしたモデルと、黒をベースに銀河帝国(Galactic Empire)のマークをプリントしたモデルが用意される。

スター・ウォーズをモチーフとしたYoga 920特別モデル「Star Wars Special Edition Yoga 920」

それも、反乱同盟モデルでは汚れの目立つ白、銀河帝国モデルでは宇宙空間をモチーフににするなど、それぞれの世界観もしっかりと盛り込まれている。その他、それぞれのロゴを利用したものなどの、スター・ウォーズをモチーフとしたオリジナル壁紙も付属しており、ファンにはたまらないものとなっている。

スペックはYoga 920と同等で、Yoga 920 Vibes同様に天板にはガラスを採用し高級感を高めた。発売時期および価格とも未定だが、日本での発売も予定。

反乱同盟(Rebel Alliance)のマークをプリントしたモデル

こちらは、銀河帝国(Galactic Empire)のマークをプリントしたモデル

壁紙もオリジナル。ファンにはたまらない仕様だ

Miix 520

Miix 520は、キーボードカバー着脱式の2in1タブレットPC新モデル。こちらもYoga 920同様、第8世代Coreプロセッサを採用する点が最大の特徴。Core i7搭載モデルは4コア仕様となり、大幅な性能向上を実現している。ディスプレイは12.2型IPS液晶で、表示解像度は1,920×1,200ドット(WUXGA)。タッチ対応はもちろん、オプションのスタイラスペン「Lenovo Active Pen 2」にも対応している。

2in1タブレットPC新モデル「Miix 520」

背面にはキックスタンドを備えており、ウォッチバンドヒンジを採用することで、無段階に角度を調節し自立が可能。キーボードカバーの仕様は従来モデルから変わっておらず、後方をディスプレイ側に引きあげてキーボード面に角度を付けられる点も同様だ。

スペックは、メモリが最大16GB(DDR4)、内蔵ストレージが最大1TBのPCIe SSD。2×2 802.11ac準拠無線LANを搭載し、LTE対応WWAN機能搭載モデルも用意される。外部端子は、USB Type-C、USB 3.0などを備える。発売時期および価格は未定だが、日本での発売も予定している。

単体でタブレットPC、キーボードカバー装着でクラムシェルPC相当として利用できる

本体下部

左側面

上部

右側面

背面

キックスタンドで本体を自立させて利用可能

キックスタンドは無段階に角度を調節できる

キーボードカバーの仕様は従来と同様

第8世代Core i7が搭載可能で、大幅な性能向上を実現している

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事