【レポート】

UV硬化インクジェット方式の3Dプリンタをミマキが発売 - 1000万色以上のフルカラー造形を実現

ミマキエンジニアリングは8月31日、2017年11月より販売予定のUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」の説明会を行った。想定予想価格は1780万円(税別)。

同製品の特長は、カラー表現の豊かさだ。同社は、これまでの2Dのインクジェット・プリンタ開発で培ってきた技術を活かすことで、1000万色以上のフルカラー表現を実現した。

UV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」

同製品では、UV-LEDインクジェット方式を採用した。これは、UV光(紫外線)を照射すると硬化するインクを一層ずつプリントし、それを積み上げることで造形するもの。造形後に着色するのではなく、カラーインクを使用して造形していく。この方式では、外からの光がカラーインク層を通して白色インク層で反射するため、石膏方式と比べると、インク本来の発色となることが特長だ。

スライスした3Dデータを、カラーインクとサポート材インクで同時にプリントすることで造形する

3DUJ-553(インクジェット方式) (左)、石膏方式(右)のサンプル

また、造形の過程で必要となるサポート材には、水溶性のサポート材インクを採用しているため、水に浸けることでサポート材を除去できる。これにより、微細なデザインも造形物を破損することなく除去することが可能だ。

水に浸けてサポート材除去スタート。3時間ほどで除去完了。左が開始直後、右が3時間後の様子

サポート材除去後の造形物。ドラゴンと抱える球体の間のサポート材を除去することで隙間ができ、球体を回転させることも可能

なお、同社では、全世界で同製品の販売目標を年間100台としており、今後は、サイングラフィックス市場、インダストリアル・プロダクツ市場に向け、同製品を用いたビジネス提案を行っていくとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事