【レビュー】

ファーウェイのハイエンドSIMフリースマホ「P10 Plus」は強力だった - P10シリーズ三兄弟を連続レビュー

1 P10シリーズ最上位機に相応しい基本性能

  • <<
  • <

1/8

P10シリーズ最上位機に相応しい基本性能

ハイエンドと呼ぶに相応しい基本性能と、世界のライカと共同開発したカメラ性能が魅力のHUAWEIのSIMフリーフマートフォン「HUAWEI P10 Plus(以下、P10 Plus)」のレビューをお届けする。

HUAWEI P10 Plusの化粧箱と本体

P10 Plusは、P10シリーズの最上位モデルで、ラインナップ中最大の5.5インチディスプレイを搭載する。ほかに、5.1インチで基本性能はP10 Plusと同等の「HUAWEI P10」、5.2インチでエントリーモデルの「HUAWEI P10 lite」があり、3機種とも6月9日から販売中だ。

CPUには、独自開発のHUAWEI Kirin 960 オクタコア Cortex A73(2.4GHz)×4コア + Cortex A53(1.8GHz)×4コアを採用。内蔵メモリ4GB、ストレージ64GB、画面は5.5インチで、解像度は2,560×1,440ドット、バッテリー容量は3,750mAhとなる。本体のサイズはW153.5×D74.2×H6.98mm、重量はスペック上は約165gだが、計測したところ168gだった。付属のクリアケースを付けた場合は184.5gとなった。

OSはAndroid 7.0(開発コードネーム:Nougat)を搭載。独自開発のUIである「Emotion UI(EMUI)」の最新バージョン5.1(VKY-L29C635B152)も併せて搭載する。EMUIでは、メモリー管理の最適化によって、よく利用するアプリの起動を高速化するといった機能を提供する。

本体正面から。電源を入れたところ

流行色を採用したアカ抜けたボディカラー

最近のスマートフォンは高級感の演出のためか、化粧箱にも凝るものが増えているが、P10 Plusは観音開きの白いハードケースに梱包されている。充電用のアダプターやイヤホン、クリアケース、取扱説明書や保証書など一通りそろっているが、貸出機のためか取扱説明書は日本語のページのないものだった。

本体の外観は、2017年の流行色とされるグリーナリーと白をベースにした少々メタリックなデザイン。明るくて少し目立つが、落ち着いた色でもあるので悪目立ちはしない。男性でも女性でも、年齢に関わらず持てるだろう。

カラーバリエーションはこのほか、ダズリングゴールドもラインナップ。グリーナリーとダズリングゴールドは表面処理に違いがあり、グリーナリーはサラッとした手触りになるサンドブラスト処理が施されている。

手に持つと大きさは意識してしまう。シャツの胸ポケットなどには問題なく収まるし、しばらく使うと慣れるのだが、他の5.0インチ未満の端末を持って戻ると、やはり大きいと感じる。もっともこの辺りは、人によって感覚が変わるところだろう。

化粧箱は中央から観音開きのように開く

内容物一覧。本体横の小さな金具はSIMのスロットを開けるためのもの

計測した重量は168.0g(クリアケースを外した状態)

本体左側面。SIMスロットはSIMを2枚並べて切り替え利用できるデュアルSIM対応

本体右側面。電源ボタン(左)と音量ボタン(右)

本体上面。赤外線ポートを備える

本体下面。イヤホンジャック、バッテリー端子(USB Type-C)、マイク、スピーカーを搭載

付属のケースを装着したところ

  • <<
  • <

1/8

インデックス

目次
(1) P10シリーズ最上位機に相応しい基本性能
(2) ベンチマークで処理性能を体感
(3) ゲームの動き、本体の発熱は?
(4) 素早い指紋認証に感動
(5) ナックルジェスチャーも便利
(6) もちろんカメラ機能にも注目
(7) ワイドアパチャーは常時ONで使っていい
(8) 暗所や夜景撮影の実力は?

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事