【レポート】

佐々木未来、尾崎由香がポピパ日本武道館公演までの歴史を振り返る! 「BanG Dream! 4th☆LIVE Miracle PARTY 2017!~前日祭~」

『バンドリ!』のイベント「BanG Dream! 4th☆LIVE Miracle PARTY 2017!~前日祭~」が2017年8月20日、東京・科学技術館サイエンスホールにて開催された。

同イベントはその名の通り、明日21日に日本武道館で開催されるライブ「BanG Dream! 4th☆LIVE Miracle PARTY 2017!」を盛り上げる前日イベント。会場となった科学技術館は日本武道館と同じ敷地内で、目と鼻の先の距離にある。

前日祭ではステージイベントも行われ、主人公香澄の妹・戸山明日香役の尾崎由香、香澄たちが通う学園の生徒会長で先輩バンド・glitter*greenのメンバーでもある鰐部七葉役の佐々木未来が登場。身近でPoppin' Partyを見守ってきたキャストの目線で、ポピパの武道館までの道のりを振り返るレアなイベントとなった。

ステージではまずは特別映像を上映。戸山香澄役の愛美が自身のライブで「私、愛美、バンドやります!」と宣言して『バンドリ!』とPoppin' Partyが動き出した瞬間や、メンバーが順番に加わった時などのメモリアルな映像に、ポピパキャスト陣がコメントを入れていく構成だ。花園たえ役の大塚紗英が学生時代はバンドとは無縁だったのがポピパの活動で一緒に音楽を作るキラキラを知ったという言葉や、山吹沙綾役の大橋彩香がポピパメンバーと初めて一緒に演奏した際、緊張で力みすぎて手の皮がむけてしまった、といったエピソードは特に印象に残った。

ポピパメンバーから見たキャラクターの印象では、キャスト陣のキャラクターに対する憧れ、こうなりたいという理想が感じられた。市ヶ谷有咲役の伊藤彩沙は「有咲は私のオアシス」と語り、愛美は「香澄は自分と違うところも多いけど、かわいくてばかでまっすぐでいい子な香澄を一步離れたところから見ていたい」と独特な距離感を語っていた。

翌日に迫った日本武道館については、西本が発表の瞬間の歓声に涙ぐんだ話を披露したり、大塚が武道館に向けてやりたいことがあふれでそうな様子などが印象に残った。映像のラストには5人が揃って登場。衣裳やステージセット、やりたいことをつめこんだ内容など見どころを口々に語っていた。

映像終了後、ステージに佐々木未来と尾崎由香が登場。2人も映像を見ていたとのことで、貴重な映像の数々にふたりもびっくりした様子。初期のライブから見守っていたという佐々木未来は特に感慨深い様子で、「あいみんは現場にもギターを持ってきてバンドマンみたい。キーボード未経験だった彩沙が頑張ってる姿も見てたからうるっときた」と仲間の目線での思い出を語っていた。尾崎は「アコースティックのぽっぴん'しゃっふるが最高。はしきみ(走り始めたばかりのキミに)は曲の頭からすごくいい!」とポピパの楽曲について熱くトーク。ふたりはポピパの好きな曲もかぶっているそうで、仲良くポピパの良さについて盛り上がっていた。

ステージのラストは尾崎が「明日が楽しみでしょうがない!」と熱く語ると、佐々木が「ついに明日かという気持ちだよね。まだまだ先と思ってたらあっという間。明日はポピパの応援をよろしくお願いします!」と先輩らしく締めくくっていた。

ステージ以外にも、前日祭会場は物販、ポピパへの応援メッセージボード、衣裳展示などで大いに盛り上がった。前日祭で大いに熱量を溜めた「BanG Dream! 4th☆LIVE Miracle PARTY 2017!」は明日19時、バンドの聖地武道館で幕を開ける。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事