【インタビュー】

”広報担当”関口メンディー、夢が叶った『HiGH&LOW』 映画初出演で感じた俳優のすごさ

1 役者として、どういう顔をしていいのか

  • <<
  • <

1/2

EXILE TRIBE総出演の総合エンタテインメント・プロジェクト『HiGH&LOW』シリーズ。5つのチームが拮抗した勢力をもつ「SWORD」地区の中で男たちが思いをぶつけ合うストーリーを軸とし、様々なメディアで展開されている。2016年に公開された映画『HiGH&LOW THE MOVIE』『HiGH&LOW THE RED RAIN』が幅広い層に支持され、新たに『HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY』が8月19日に公開されることになった。

新作では新キャラクターも満載で、”超全員主役”と銘打たれたが、EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーもその中の一人。新たに登場する監獄内の武闘派集団”プリズンギャング”の一員・フォーとして登場する。初めて役者として出演した関口に話を聞いた。

■関口メンディー
1991年1月25日生まれ、アメリカ出身。「EXILE」パフォーマー兼「GENERATIONS from EXILE TRIBE」パフォーマー。『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦』では5回優勝するなど高い身体能力を発揮。今作が映画初出演となる。 撮影:西田航(WATAROCK)

すごくかっこいいと思って観ていた

――関口さんは、『HiGH&LOW』シリーズ前々から出たいと思われていたそうですね。

日本では考えられない規模感と豪華キャストによる前代未聞なエンタテインメントを、HIROさんを中心にみなさんで作られていて、自分は外からすごくかっこいいと思って観ていました。お芝居の経験はないんですけど、素直にこんな作品に出られたら、こんなに嬉しいことはないなと思っていました。

――ご自分で直談判をされたんですか?

個人的にMIGHTY WARRIORSがすごく好きだったので、アイス役のELLYさんともMIGHTYがかっこいいという話をしていました。ELLYさんもフランクな人なので、「じゃあ入ったらいいじゃん」と言ってくれて(笑)。HIROさんともお話しする機会があり、それが繋がったのかはわからないんですが、MIGHTYの人たちと一緒に出演する夢が叶いました。

――GENERATIONSのメンバーであり、同じく『HiGH&LOW』シリーズに出演されている白濱亜嵐さん、佐野玲於さんは、関口さんが「緊張してた」とおっしゃっていました。

2人はもういろんな映画やドラマに出ているんですが、僕はまったく違うので……。今日も、こういう役者としての取材は初めてなので、どういう顔をして撮影したらいいのかわからないし、いつもと違う感じで、不思議ですね(笑)。

GENERATIONSとして撮影することや、ファッション誌に出させていただくことはよくあるんですが、今日は『HiGH&LOW』に出ている役者としているので、「俺、ここにいていいのかな」みたいな(笑)。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 役者として、どういう顔をしていいのか
(2) 王道ではない恋愛映画に挑戦も?
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事